リウマチのサプリ

リウマチにアンチノビンのサプリ【ドクター監修】

アンチノビンはリウマチの炎症の進行をおさえる
リウマチのサプリ

東京医科大学教授の中島利博教授がリウマチの原因を解明する研究から発見したシノビオリンは、不良たんぱく質を選別・分解する働きを担う遺伝子です。 シノビオリンは健康に不可欠な物質ですが、働きすぎるとサイトカインが増え、リウマチの炎症を悪化させます。

実際に、動物による試験でも、この点は実証されています。 意図的にシノビオリンをたくさん作り出すようにしたネズミには、リウマチに似た症状が現れます。 一方で、シノビオリンを半分しか作らないようにしたネズミは関節炎にならないことも確認されました。

アンチノビンはこのシノビオリンを抑制してリウマチの炎症の進行をおさえるサプリメントなのです。 また、レミケードが効かない患者さんには、シノビオリンの量が多いという共通点があることも判明しています。シノビオリンの状態によって、その患者さんにレミケードが有効かどうかを判断する。 シノビオリンの発見によりそうした、より効果的な投薬治療ができるようになりました。

アンチノビンは高知県海里マリン病院などの病院や施設、全国22院で採用されているサプリメントです。

アンチノビンのサプリメントがおすすめの方

  • リウマチや通院中の方
  • 朝、起きた時のこわばりが気になる
  • 疲れやすい
  • 関節痛や階段の昇り降りがツラい方
  • ふしぶしの痛みが気になる
  • 今まで処方された薬やサプリが効かない方

※東京医科大学教授の中島利博教授

リウマチの研究に従事し、国際的にも高い評価を受けている。 シノビオリンの発見などで2002年には最年少で日本リウマチ学会学会賞を、2005年には日本リウマチ財団からノバルティス・リウマチ医学賞を授与される。著書に「リウマチをなおす」(出版芸術社)など。

もはやリウマチはがまんするだけの病気ではありません。悩まず、あきらめず、治す意欲を持ち続けてください。

「アンチノビン」モニター調査の結果

30~60代の84人の痛みやリウマチの症状に悩みを持つ男性、女性にアンチノビンのサプリメントを試してもらったモニター調査の結果では、1ヵ月後の結果は、6割近くのかたが症状を改善しています。

アンチノビン

「アンチノビン」のモニターの声

東京都 T.M様(50歳/女性)

手指のこわばりが随分緩和されてこわばりが気にならないくらいになりました。又、身体が元気になった感じで、パワーがみなぎる様になり、やる気が不足していたので本当に良かったと思います。

北海道 K.R様(51歳/女性)

1ヵ月ほどの期間でしたが、毎朝感じていた手指の痛みや腫れが、ほとんど感じない日が多かったです。夜、寝る前に飲むだけと簡単なのも良かったです。

静岡県 I.M様(52歳/女性)

飲み始める前より、ひざの曲げ伸ばしが楽になっているように感じます。従来のサプリメントのような足りない成分を足すものではなく、細胞に関与していくサプリメントなのですね。

富山県 O.S様(45歳/女性)

元々、ヘバーデン結節があったので、飲む前は左の人差指と小指が腫れて痛さもありましたが、モニター期間は痛みをそれ程感じませんでした。期間終了して2日間、様子見てみましたが、やはり痛みを感じるので、アンチノビンはヘバーデンの痛みに効くのかしら?と思いました。

茨城県 F.N様(55歳/女性)

特に手指のこわばりはびっくりする位よくなりました。できれば続けて飲みたいと思いました。

兵庫県 W.J様(49歳/女性)

肩と首の痛みはかなり改善されました。花粉症も何気に今年は症状が出すに不思議でしたが、サプリメントの影響なのでしょうか?