リウマチをサポートします
アンチノビン

リウマチにアンチノビンのサプリ

リウマチの医師である東京医科大学教授の中島利博教授が監修したサプリ、「アンチノビン」。

30~60代の78人の女性にアンチノビンのサプリメントを試してもらったモニター調査の結果では、1ヵ月後の結果は、6割近くのかたが症状を改善しています。

※調査期間は2016年2月中旬から3月中旬にかけての1ヵ月間。

モニターのかたから、以下のような声も寄せられています。

「昨年から左肩の痛みと右手指のこわばりを感じて、夜中に目覚めることがありました。しかし、モニター期間中は夜に目覚めることがなくなりました」(52歳)

「右ひざの痛みはかなり改善しましたが、左ひざはまだ痛むので今後も続けたいです」(49歳)

「モニターを始めてから3日程度で関節痛が気にならなくなりました。坐骨神経痛の痛みも解消されました」(54歳)

アンチノビンはリウマチの炎症の進行をおさえる

東京医科大学教授の中島利博教授が発見したシノビオリンは、不良たんぱく質を選別・分解する働きを担う遺伝子です。

シノビオリンは健康に不可欠な物質ですが、働きすぎるとサイトカインが増え、リウマチの炎症を悪化させます。

実際に、動物による試験でも、この点は実証されています。

意図的にシノビオリンをたくさん作り出すようにしたネズミには、リウマチに似た症状が現れます。

一方で、シノビオリンを半分しか作らないようにしたネズミは関節炎にならないことも確認されました。

アンチノビンはこのシノビオリンを抑制してリウマチの炎症の進行をおさえるサプリメントなのです。

また、レミケードが効かない患者さんには、シノビオリンの量が多いという共通点があることも判明しています。

シノビオリンの状態によって、その患者さんにレミケードが有効かどうかを判断する。

シノビオリンの発見によりそうした、より効果的な投薬治療ができるようになりました。

※東京医科大学教授の中島利博教授

リウマチの研究に従事し、国際的にも高い評価を受けている。

シノビオリンの発見などで2002年には最年少で日本リウマチ学会学会賞を、2005年には日本リウマチ財団からノバルティス・リウマチ医学賞を授与される。

著書に「リウマチをなおす」(出版芸術社)など。

もはやリウマチはがまんするだけの病気ではありません。悩まず、あきらめず、治す意欲を持ち続けてください。

アンチノビンサプリの口コミ

2ヶ月目には3.3だったCRPが0.6に下がり、手首の腫れと、歩くときの苦痛がやわらいでいる実感があります

匿名希望60歳 冨山県 症状:リウマチ

リウマチを患わって8年になります。ステロイドなどの副作用が怖く薬を服用していなかったのですが、痛みが激しさを増した5年前から、いよいよ我慢の限界を超えて、リウマトレックスとプレドニンを服用するようになりました。

しかし痛みがおさまることはなく、CRPも3.3と高い状態のまま。 次第に痛み止めの効果を得られなくなり、起き上がることにも歩くことにも苦痛を感じるほどになりました。

アンチノビンのサプリメントは娘の勧めで飲みはじめました。その頃は、本当に何をどうすれば良いかわからなくなっていましたし、もともと薬嫌いなので、アンチノビンを飲むことで、リウマトレックスやプレドニンをやめられるならと思って、祈るような気持で試してみることにしました。

病院薬と併用しながら、アンチノビンを飲むようにしました。 その結果、2ヶ月目には3.3だったCRPが0.6に下がり、手首の腫れと、歩くときの苦痛がやわらいでいる実感があります。

これまで首や膝、足首、手首と全身が悲鳴を上げていたのが、今では痛いけれど動けるようになると前向きな気持ちにもなっています。

飲み始めて2週間ほど経って手首の痛み、足首の腫れ、左足の膝の痛みがやわらいでいるように感じました。

匿名希望58歳 東京都 症状:リウマチ

5年前にリウマチを発症して、レミケードの点滴を5回受けました。 レミケードは大変効果があったのですが、治療を受けているうちに、間質性肺炎になってしまって2ヶ月間入院しました。

そのとき使用していたステロイド剤がきっかけで、今度はステロイド性糖尿病という病気になってしまい、それ以来、レミケードも使用できなくなりました。

レミケードで痛みがやわらいでいたので、ステロイド性糖尿病と聞いたときはショックでした。 次第に症状が悪化している気がして、腫れもひどくなっていきました。

そんなとき息子が、少しでも痛みがやわらぐのなら……とアンチノビンを取り寄せたことが改善のはじまりでした。

飲み始めて2週間ほど経って手首の痛み、足首の腫れ、左足の膝の痛みがやわらいでいるように感じました。

最初はアンチノビンの効果とはわかりませんでしたが1ヶ月ほど経ってそれまで指が痛くて、夜中に何度も起きてしまっていたのが、目が覚めることがなくなりました。

それで、調子に乗って飲むのをやめたところ、また痛みを感じて夜中に目が覚めました。 逆に、アンチノビンを飲んでいれば違和感もなく、ぐっすり眠れます。

「アンチノビンを飲まないと、まだダメなんだ」と感じました。 これからもお世話になります。

手の指が、普通の人の2倍ほどの太さになっていたのが、日を追うごとに腫れがひいていきました

匿名希望54歳 神奈川県 症状:リウマチ

かれこれ10年ほど前から、あちこちの病院に通って、関節リウマチの治療を続けてきました。

幸いにも、進行性ではなかったのですが、ここ数年は手や肩の痛みが激しくなり、ときには我慢できないほどになっていました。

朝もそうなのですが、夜中も寝返りを打つと、痛みで目が覚めてしまうことがよくありました。 これまで痛くなかったところまで痛むようになると、気をつけていてもイライラが募って夫にあたってしまうことがよくありました。

アンチノビンのサプリを飲みはじめたのは、痛みに耐える私の姿を見かねた夫がのインターネットで購入してくれました。

それまでは、プレドニンやボルタレンで痛みをおさえていたそうですが、骨粗鬆症の症状が出はじめ、骨密度も下がっていたため、アンチノビンを試すことにしたのです。

すると手の指が、普通の人の2倍ほどの太さになっていたのが、日を追うごとに腫れがひいていきました。 またそれまでは節々の骨があたって、痛くて手を合わせることはできませんでした。

それが両手を合わせられるほどに良くなったのですから、まさに目に見える効果がありました。

アンチノビンを飲みはじめて症状がやわらいでいるのが明らかなので、続けないといけないと思っています。

症状がさらに改善することを祈るばかりです。

アンチノビンがおすすめの方

  • リウマチや通院中の方
  • 今まで処方された薬やサプリが効かない方
  • 関節痛や階段の昇り降りがツラい方
  • 手指や足がこわばる方

アンチノビンは全国19施設の病院にて長年ご採用されています!

リウマチ発症者やリウマチ通院経験のあるスタッフによるサポート!

  1. トリノコ

    リウマチの記事を担当しています。私自身リウマチを患わって5年目です。今は寛解の状態です。自身の経験をもとに記事を書いていこうと思います。またリウマチの医師である東京医科大学教授の中島利博教授が監修したサプリを紹介しています。