リウマチをサポートします
リウマチの治療

リウマチの治療は診断を受けたら積極的に

関節リウマチは進行性の病気です。疾患活動性が高ければ発症直後から急激に進みます。なるべく早く診断を受け、診断直後から積極的に治療していくことが大切です。

とくに早い段階から積極的に治療したほうがよい人も

関節リウマチとわかれば、できるだけ早く治療に取りかかります。とくに疾患活動性が高く、関節の破壊が進みやすい人は、ようすをみている暇はありません。

速いスピードで関節破壊が進む人には、いくつかの共通点がみられます。いちばん注意したいのは、抗CCP抗体が陽性だった人です。

また、30代までに発症した女性も疾患活動性が高い傾向がみられます。若い年齢であ ればあるほど、関節障害が進んでしまった場合、生活に大きな影響がおよびます。早期診断、早期治療で寛解を目指しましょう。

リウマチの症状の進み方は個人差がある

関節リウマチの進み方には個人差があります。関節の破壊を防ぐためには、症状が強い人ほど早い段階で正しい診断を受け、できるだけ早く治療を開始することが重要です。

ゆるやかに発症、ゆるやかに進むタイプ

関節リウマチかどうかはっきりせす、診断までに時間がかかる人の場合、疾患活動性は低めで、関節の破壊が急激に進むことはまずありません。しかし、放置しておけば徐々に進行していくおそれもあるので、診断がつきしだい治療を始めます。

初めから症状が強く、急激に進むタイプ

疾患活動性が高い人の場合、発症から問もない時期にいちばん勢いが強く、徐々に病勢が落ち着いていく傾向があります。関節の障害を防ぐためには、できるだけ早い段階で治療を始めることが重要です。

リウマチの治療の中心は薬物療法

リウマチの活動性を抑えるに治療薬が欠かせません。薬物療法を中心に治療を進めていきます。治療が長くなるにつれ、関節症状以外にも注意したいことが増えてくる。よりよく暮らすために工夫して

薬物療法

目覚ましい進歩を遂げて主に、自己免疫反応を抑えることで炎症を止める薬が使われる

リハビリビリテーショシ

生活の不自由さを解消するには、体操などで身体的な機能アップをはかることも大切

手術療法

関節の障害が進んできた場合には手術を受けることで暮らしやすくなる

リウマチの治療の目標は寛解

関節リウマチは治療可能な病気です。しかし、「完治した」と判断するのはなかなかむずかしい病気でもあります。

症状をなくし、進行を止めることが治療の目標になります。

完治はむずかしいが寛解達成は十分に可能

適切な治療によって関節リウマチの勢いを止めることができれば、症状は消え、関節の障害もそれ以上進みません。

この状態を寛解といいます。一方、完治という言葉は、悪化した状態が回復し、治療不要になったときに使います。

関節リウマチの根本的な原因である自己免疫を完治させるのはむずかしく、治療を止めると症状が再び現れる可能性があります。

ですので、たとえよい状態が続いていても「完治した」とはなかなか言いにくいのですが、寛解の達成は十分に可能です。

自覚症状だけで判断してはいけない

注意したいのは、治療の結果、自覚症状はほとんどなくなっても、実際には滑膜の炎症が続いている場合もあることです。寛解といえるかどうかは、関節超音波検査や血液検査などの結果もみながら、総合的に判断することが必要です。

  1. トリノコ

    リウマチの記事を担当しています。私自身リウマチを患わって5年目です。今は寛解の状態です。自身の経験をもとに記事を書いていこうと思います。よろしくお願い致します。