リウマチをサポートします
リウマチと家事

関節リウマチと作業療法

パソコンで仕事をする、読書をする、家事をする、食事をする、寝る。健康であれば、 特に意識せずに行う日常のさまざまな動作が、関節リウマチの患者にとっては、関節にかなりの負担をかけることがあります。

また、 関節リウマチのために、こうした日常の動作そのものがままならないこともあります。 作業療法とは、動作、姿勢、道具などを工夫して、自分の体の生活動作機能を維持し、 高めてゆくための療法です。

ちょっとした工夫で、できることがぐっと広 がります。生活上のヒントを参考にして、いろいろな姿勢や動作を見直してみてください。

関節への負担を減らす動作の工夫

キッチンで家事

  • 座って作業する
  • ひねるタイプの蛇口はレバーハンドルに
  • よく使うものはワゴンにのせる

家事の動作

  • 鍋はミトンを使って持つ
  • 物を持つときは片手ではなく、もう一方をそえて手のひらで受けるように持つ
  • やかんからお湯を注ぐときは、やかんを台にのせ、高さをつけて注ぐ
  • ビンの栓を抜くときは逆手で
  • 調理器具は親指を上にして握る

机に向かって仕事、読書

  • うつむかない

洋服をしまう、着る

  • タンスの引き出しには、開けやすくするひもをつける
  • かぶるタイプの洋服は、テーブルの上に腕を置いて支える

掃除、洗濯

  • 洗濯機から洗い終わったものを取り出すときは、孫の手を利用
  • 拭き掃除は手首を曲げない

寝る

  • 布団はやめて、ベッドにする
  • 頚椎保護のため小さく低い枕を使い、背筋や足は曲げない
  • ベッド脇に、つかまれるものを置く

お風呂

  • バスタブの傍にシャワーチェアを置く
  • 泡で出てくるポンプ式のシャンプーやボディソープを使う
  • 体をすすぐときはシャワーで

外出先

  • エレベーターやエスカレーターを使う
  • バッグは手に持たず、肩掛けか、リュックサックタイプのものを
  • 携帯ステッキをバッグに入れておく

ドクター監修のリウマチのサプリメント

リウマチの医師である東京医科大学教授の中島利博教授が監修したサプリ、「アンチノビン」。 30~60代の78人の女性にアンチノビンのサプリメントを試してもらったモニター調査の結果では、1ヵ月後の結果は、6割近くのかたが症状を改善しています。

  1. トリノコ

    リウマチの記事を担当しています。私自身リウマチを患わって5年目です。今は寛解の状態です。自身の経験をもとに記事を書いていこうと思います。またリウマチの医師である東京医科大学教授の中島利博教授が監修したサプリを紹介しています。