リウマチと免疫の関係

関節リウマチと深かかわる免疫システム

リウマチと免疫

関節の滑膜で起こる免疫細胞の反乱

痛みやはれのもとになる炎症

関節リウマチの発症の場となるのは、関節の内側をおおう「滑膜」です。この滑膜が炎症を起こすのが滑膜炎で、関節リウマチの痛みや変形のもとになります。炎症とは、免疫システムによる防御作用で、本来は体内に発生した異常を修復するためのものです。

しかし関節リウマチの場合は、自分を攻撃する異常な免疫活動が滑膜に起こり、炎症を起こすのです。

免疫細胞が入り込み活発化

まず、ウイルス感染などの刺激をきっかけにして、自己反応性のリンパ球が滑膜へと流れつくところから始まります。自己反応性リンパ球は、滑膜のたんぱく質を抗原とし、それに対する抗体を生み出して抗原・抗体複合体をつくります。

これが免疫細胞の標的になります。滑膜には、T細胞を中心とするリンパ球やマクロファージなどの免疫細胞が入り込んできます。そこでは新たな血管がつくられ、その血流に乗って、さらに多くの免疫細胞がやってきます。

T細胞は、滑膜のたんぱく質成分の受容体をもっているため活性化されて勢いづき、滑膜の細胞と刺激し合って、「炎症性メディエーター」と呼ばれるサイトカインなどの物質を大量につくり出します

しだいに骨が破壊されていく

こうした活動によって傷つき炎症を起こした滑膜からは、おびただしい量の炎症を悪化させる物質が分泌され、関節全体がはれあがり、痛みを起こします。症状が進むと、軟骨の破壊が始まります。

また、炎症細胞やサイトカイン、骨をとかす酵素などの有害な物質は、関節の骨や靭帯、筋肉へ広がり、さらには血液に乗って全身におよび、さまざまな障害を起こすようになります。これが関節リウマチの大まかな進行プロセスです。

炎症、痛み、破壊をうながす、炎症性メディエーター

炎症性メディエーターは、傷ついた組織や炎症部分に浸潤したT細胞やマクロファージから放出される生理活性物質のことで、さまざまな種類があります。メディエーターとは調停者、媒介者といった意味で、近年、そのメカニズムの解明が進み、関節リウマチでは、炎症性メディエーターをターゲットにした治療法が、めざましい進歩をみせています。関節リウマチにかかわる炎症性メディエーターには、次のようなものがあります。

サイトカイン

細胞から分泌されるたんぱく質で、免疫システムにかかわります。多くの種類がありますが、特に関節リウマチの炎症に関係する重要なサイトカインは、「TNF(腫瘍壊死因子)」「IL(インターロイキン)-1」「IL-6」の3つです。

炎症性のサイトカインには、血管をつくらせたり、リンパ球を関節に向かわせたり、T細胞や滑膜細胞を活性化する、といった働きがあります。免疫細胞や滑膜細胞の働きを強めますので、痛みは増し、関節は熱をもってはれてきます。

さらに、このサイトカインは破骨細胞を活性化するので、関節の骨が過剰に削りとられ、関節リウマチ特有の骨びらんや強直をまねくことにもなります。

プロスタグランディン

炎症や痛みにかかわる物質です。アスピリンなどの鎮痛解熱薬は、このプロスタグランディンの生成を抑えることで、痛みをやわらげる働きをします。

補体

抗体がっくり出す血中たんぱく質で、滑膜の細胞膜を壊し、炎症性サイトカインを出す作用があります。