妊娠初期のタバコ

妊娠に関してタバコはいいことなし

お酒はタバコより赤ちゃんに伝わりやすい
妊娠初期のタバコ

リラックスするには欠かせないし、やめるのは大変とな ると、「ヘビースモーカーの あの人も元気な赤ちゃんを産んだし……」などと、都合のよい話にばかり耳をかたむけてしまいがちです。 でも、妊娠の成立から、赤ちゃんの発育、流産や早産への影響まで、 タバコが妊娠に及ぼす害については、はっきりとしたデータがあります。

悪影響の原因は、タバコに含まれる二コチンと、煙に含まれる一酸化炭素です。二コチンは血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。 すると、 本人の体調をくずすだけでな く、妊娠中は、胎盤から胎児へと運ばれる酸素や栄養が不足して、赤ちゃんの成長を妨げます。 一酸化炭素も、同じ ように血液中の酸素を減らし ます。 さらに、二コチンが赤ちゃんに直接与える害も深刻です。 二コチンには、発がん性 があることが知られていますが、いったん母体の血液に入ったあと、胎盤を簡単に通過 して、胎児の体内に運ばれます。 妊娠中におほさんがタバコを吸うことは、おなかの赤ちゃんにも強制的にタバコを吸わせていることと同じなのです。

いつ禁煙するかは『妊娠を考えたら』

「妊娠してから禁煙すればいいや」とギリギリまで吸っている人がいますが、それはナンセンス。 妊娠の成立にも影響することを考えれば、禁煙は、妊娠を考えたときからスタートするが理想です。

実際、禁煙してから二コチンがどのくらい体内に残留するかは、はっきりしたデータがありませんが、二コチンがの残留していなくても血管収縮作用が残る可能性があります。 影響を最小限にするためには、少しでも早く禁煙に取り組むことが大切なのです。

自分で吸うより他人の煙はもっと怖い

妊婦本人がタバコを吸わな くても、そばにいる夫がタバコを吸うと、低体重児が生まれる頻度が高くなるというデ ータがあります。 たばこに火をつけたときに発生する一酸化炭素か、二コチンと同じように、酸素の量を減らすからです。

また、タバコの火先から立ち上る副流煙には、フィルターを通して吸い込む主流煙の何倍もの、発がん性物質や有害物質が含まれています。 妊娠したら、家族にも禁煙や、ベランダに出て吸うなどの協力をしてもらいましょう。

男性の精子にも影響は大

夫が家の外で吸うぶんには大丈夫と思うかもしれませんが、夫の喫煙も妊娠の成立に影響します。タバコを吸っていると、精子の数や運動率が悪くなるので、とくに不妊治療中の場合は禁煙したほうがよいでしょう。

時期によるタバコの影響

妊娠と関係なくても、人体にとってタバコは有害。リラックス効果はありますが、 妊娠中いつの時期をとっても、悪影響は否定できません。具体的にどんな影響を及ぼすか、紹介します。

妊娠前 本数が増えるほど不妊率はアップ

一日に10本以上吸う女性は、吸わない女性に比べて不妊症になる確率 が1.7倍になるといわれています。 本数が増えるほど、血管の収縮作用がひどくなるので、確率はアップ。 そろそろ赤ちゃんを…と考えはじめたら、すぐに禁煙をスタートしましょう。

妊娠中 胎児の発育や流産、早産にも影響します

二コチンは母親の末梢血管を収縮 させ、胎盤への血液の流れを悪くし ます。また、煙に含まれる一酸化炭 素は、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンとくっついて、血液中の酸素量 を低下させてしまいます。 これら2つの相乗作用で、胎児へ運ばれる酸素や栄養分は、つねに不足した状態に。そのため、妊娠中のタバコの本数が増えるほど、出生児の体重が少なくなるという、多くの報告があります。

また、二コチンは胎盤を簡単に通過して、胎児の体内に蓄積し、いろいろな障害を与えます。たとえば脳に入ると、呼吸機能の発達を妨げるため、生後まもなく呼吸障害を引き起こすおそれがあります。 妊娠中に喫煙していた母親から生まれた31人の新生児のうち、22人の尿から、二コチンから出た発がん性物質を検出したというデータもあります。 妊娠中に喫煙を続けると、血流の悪い状態が続くので、早産になる率は、喫煙していない人の3.3倍に。自然流産の割合も1.5~2倍になるといわれています。

産後の授乳期 母乳の出が悪くなり、赤ちゃんに下痢などの症状も

授乳期間中の母親が喫煙すると、 血液中のプロラクチン(母乳分泌を 促進するホルモン)濃度が低くなり、母乳の分泌が滅少します。 また、タバコの二コチンは母乳中に流出します。 一日20本以上吸うへビースモーカーの母親の母乳を飲んだ子が慢性二コチン中毒になるで、不眠、嘔吐、下痢、ひん尿などの症状があらわれたという報告もあります。母乳にしたいなら、その間、夕バコはもうちょっと我慢を。

妊娠初期をサポート| FORTIES

この記事は妊娠初期をサポートする情報メディアサイトとして病院の医師、産婦人科専門医が監修した文献をもとにFORTIESが加筆・修正し掲載しました(2018.08.06)

Share: