妊娠のプロセスと不妊の原因

妊娠のプロセスと不妊の原因

この記事は福岡の病院の産婦人科専門医が監修しています
不妊の原因

不妊の原因は男性と女性でほぼ同率

WHO(世界保健機構)では、「結婚して普通の性生活を営んでいるのに、2年だっても子どもができない状態」を不妊と定義。期間が2年なのは、避妊をしていない夫婦の約90%は2年以内に妊娠しているというデータがあるためです。

昔から、子どもができないと女性側の問題のようにいわれてきましたが、実際には男女の比率はほとんど同じ。3分の1が女性、3分の1が男性、残りの3分の1が原因不明の不妊と考えられます。

女性の不妊の原因で多いのは排卵と卵管のトラブル

女性側の不妊の主な原因は、排卵と卵管のトラブルです。排卵障害の原因となるのは、ホルモン分泌の異常など。卵管トラブルの原因となるのは、炎症などで卵管が詰まってしまった場合。

また、子宮内膜症や骨盤内腹膜炎などによる卵巣、卵管周囲の癒着で、卵巣と卵管の入り口が遠くなったり、卵管が自由に動けなくなったりして、卵子が卵管に取り込めない場合などです。

受精は成立しても、子宮に奇形があったり、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど、子宮内に障害物があると、着床できないことがあります。

男性では精子の数や運動性が問題に

男性不妊の原因は、精子の数が少ない(乏精子症、無精子症)か、運動性が悪い(精子無力症)かの、どちらかの場合が多いよう。ただ、なぜそうなるかについてはわからないことが多く、80%以上が原因不明といわれます。

とくに機能的に異常はないのに、セックスのときに勃起しない、射精できないなどの心因性インポテンツも、広い意味では不妊の原因に含まれます。

このほか、精子と子宮頸管粘液の相性の問題なども不妊の原因に。原因は必ずしもひとつではなく、いくつかが重なっていることのほうが多いようです。いくら医療技術が進歩しても、不妊のメカニズムについてはまだ解明されていない部分が多く、とくに原因が見つからない不妊症も3割くらいあります。

妊娠のプロセス

1.排卵

卵巣の中にある原始卵胞のうち、20~30個くらいが、脳下垂体からのホルモンの刺激を受けて直径2 mmくらいまで発育します。7~8日後には、このうちもっとも早く成熟した1個だけが増大して、直径20mmくらいの成熟卵胞になり、その中から卵子が、ゆっくりと卵巣の表面を破って外に押し出され、排卵が起こります。

2.受精

排卵が起こると、卵管の入り口にある繊毛が卵子を卵管へ取り込ませます。卵子は卵管を2分の1ほど移動して、2~3日間とどまります。セックスで膣内に射精された精子は1億~4億個ですが、このうち約200個が数十分~数時間かけて卵子に出会います。なかでもいちばん元気な精子が卵子の表面の膜を破って結合し、受精が完了します。

3.分裂しながら移動

受精卵は受精直後から活発に2個、4個、8個と細胞分裂を繰り返しながら成長し、細い卵管の中をゆっくり運ばれて、3~4日かかって子宮に到達します。卵子は、卵管表面に生えている繊毛と卵管のぜん動運動によって輸送されます。卵管は細い部分では直径1mm程度、卵子は約0.1mmですが、炎症などがあって詰まると通り道が妨げられてしまいます。

4.着床

このころ、すでに子宮の中では、増殖して盛んに粘液を分泌している子宮内膜が、受け入れ準備をしています。受精卵が無事に子宮内膜にもぐり込んで着床すれば、妊娠成立です。受精から着床までは、6日間ほど。排卵、受精、着床という段階をクリアして、はじめて妊娠が成立するのです。

妊娠検査薬が使えるのは、生理予定日の1週間後から

生理予定日を1週間過ぎれば、市販の妊娠検査薬が使えます。ただ、偽陽性といって、妊娠していないのに陽性反応が出る場合があるので要汪意。

不妊の治療中で、黄体機能不全の治療にhCGの注射をすることがありますが、このhCGが反応して陽性になることもありますし、排卵の時期に分泌されるLHというホルモンに、間違って反応してしまうこともあるのです。

逆に、検査の時期が早ければ、妊娠しているのに陽性に出ないこともあります。早急な処置が必要な子宮外妊娠でも、妊娠反応は陽性になりますから、正確な判定は産婦人科で。市販の検査薬は、病院へ行く前の心の準備を整えるために使いましょう。

  • 出典元:妊娠について知っておきたいこと
    監修 岡山医療センター産婦人科 日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医 塚原 紗耶

妊娠初期をサポート| FORTIES

この記事は妊娠初期をサポートする情報メディアサイトとして病院の医師、産婦人科専門医が監修した文献をもとにFORTIESが加筆・修正し掲載しました(2018.08.06)

Share: