妊娠しやすい方法

まずは、排卵日を知ることが妊娠への第一歩

排卵日

いつかは赤ちゃんが欲しいと思っていても、いざというときに妊娠するかは、そのときでないとわからないもの。でも、「今のところ赤ちゃんができない」のと「不妊」とは、決してイコールではありませんまだまだ神秘的なことが多い妊娠のメカニズムですが、基礎知識をもう一度確認してみましょう。

不妊指導の基本も排卵日のチェックから

健康なカップルがタイミングよくセックスすれば、計算上は、だいたい1年以内に90%が妊娠するといわれています。ただし、妊娠するためには、卵子と精子が出会えるタイミング、つまり排卵日前後を選ぶことが不可欠です。

なかなか妊娠しないといって病院へ行っても、じつは夕イミングをはずしていただけという人も多いもの。実際、最初の指導は排卵日のチェックからです。自分で調べるには、基礎体温をつける、排卵日検査薬を使う、子宮頸管粘液を調べるなどの方法があります。

排卵日の前3日から後1日がグッドタイミング

正確な排卵日がわかればベストですが、どの方法でも確実に特定できるわけではありません。排卵日を狙って一発で決めようとしても、なかなかむずかしいのはこのため。確率を上げるには、大体の排卵日を予測して、その前後5日間の間に2、3日ごとにセックスすること。

排卵後の卵子は24時間、射精後の精子は3日間受精能力があるので、必ずしも排卵日にぴったり合わせなくても妊娠は可能ですし、排卵日が多少ずれても、前後に複数のチャンスを持てば、それだけ的中率がアップするわけです。

排卵日のチェック方法

1.基礎体温で大まかな時期をつかむ

 排卵後の卵巣から分泌される黄体ホルモンには、体温を上げる働きがあります。排卵後に基礎体温が高温期に移行するのは、そのため。一般に、低温期の終わりの日、基礎体温表の折れ線グラフがガウンと下がったときが排卵日といわれていますが、実際には下がらないこともありますし、体温が上がる途中で排卵する人もいます。この方法だと排卵日が過ぎてからわかるため、リズムをつかんで次の排卵日を予測するのが目的です。

2、3の方法と併用するために、大体のあたりをつけられればいいでしょう。基礎体温表は、不妊の検査を受けるときにも不可欠なものなので、妊娠を意識しはじめたら、なるべく続けて記録するようにしましょう。

2.排卵日検査薬でチェック

排卵の指令を下しているのは、脳下垂体から出る黄体化ホルモン(LH)。このホルモンの分泌量を尿で調べるのが排卵日検査薬です。スティック状の検査薬ではそれを尿に浸し、窓の印が濃くなりはじめれば、ホルモン分泌の開始(陽性)。 36時間以内に排卵が起こると予測できます。 次の生理予定日の17日前あたりから、1週間ほど続けてチェックします(陽性こなったら、それ以上調べる必要はなし)。

ただし、生理不順で次の開始予定日がわからないと使えません。また、唾液をミニ顕微鏡のようなもので調べる商品もあります。

3.子宮頸管粘液でチェック

排卵日が近づくと、子宮の入り口あたりから、卜ロンとして糸を引くような粘液が分泌されます。これは精子が子宮の奥に入るのを助けるためのもの。もうすぐ排卵日というときに、膣から指を挿入し、指先に粘液をとって2本の指の間で伸ばしてみましょう。 ふだんは全然伸びませんが、排卵日の2~3日前から少し伸びるようになり、排卵間近には10cmくらい伸ばしても切れません。個人差があるのでいちがいにはいえませんが、何か月かやってみると自分の傾向がわかるようになってきます。

医療機関では超音波で膣から排卵をチェック

排卵日を調べるのにもっとも確実なのは、病院で、卵巣の様子を超音波で観察する方法です。排卵とは、卵巣の中で徐々に成熟した卵胞から、卵子が外に出ていくこと。排卵の直前には、卵胞は直径20mmくらいに成長しているので、膣から超音波で見ると画面にはっきり映ります。

また、子宮頸管粘液をガラ ス板にとって乾燥させ、踊效鏡で観察する方法も。シダ状の結晶が現れると、排卵日前後というサイン。

妊娠しやすくなるって本当?

セックス後、腰を高くする

セックスのあと、腰を上げてじっと動かないと妊娠しやすい、などといわれることがあります。たしかに、すぐ立ち上がると腔内に残った精液が流れ出ますが、そのとき、一部の精子は子宮の奥まで到達しています。一回に射精される精子は数僮個、卵子近くまで到達するのは約200個だけ。多少流れ出ても、実際は妊娠率に影響しません。

女性がオーガズムを感じる

オーガズムを感じると子宮が収縮するため、精液を吸い上げ、妊娠しやすくなるといわれています。ただ、精液の中にはプロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが多量に含まれているので、必ずしもオーガズムがないと精液が吸い上げられないというわけではありません。

排卵日前の禁欲

頻繁にセックスすると、一回に射睛する精子の数が減るのは事実ですが、妊娠の可能性が低くなるとはかぎりません。射精されずにたまっている精子は、だんだん受精能力を失っていくので、長く禁欲して精子をため込んでおくより、排卵時期以外も、ごく自然に機会を持つほうが重要。

体位や深さを工夫

「深く挿入すれば、精子の泳ぐ距離が短くなって妊娠しやすいのでは?」と考える人がいますが、浅い挿入で射精しても、子宮がスポイトのように吸い上げたり、頸管粘液の働きで精子を送り込むので、妊娠可能。普通に腔内に射精すれば、体位や深さは影響しません。無理やり奥に押し込んだりせず、自然にセックスを楽しむほうが大切。

Share: