35歳以上で出産することを高齢出産といいます

この記事は福岡の病院の産婦人科専門医が監修しています
高齢出産

昔は30歳以上の出産を高齢出産と呼んでいましたが、 30代前半では、20代と比べてリスクにそれほど大きな差がないこと、WHO(世界保健機構)でも35歳以上としていることから、今の基準に変わりました。

結婚してもすぐに子どもをつくらず、仕事や夫婦二人の生活を楽しんでから出産をと考えるカップルや、結婚そのものを急がない女性が増えたことから、高齢出産に関心が 高まっています。

ただ、医学的には、年齢が高くなるとともに卵巣機能が低下して、自然流産や妊娠中毒症、また子どもに先天異常が発生する可能性が高くなることはたしかなこと。 より注意深く観察する必要があるという意味で、35歳をひとつの目安として高齢出産と定め、区別しているのです。

もちろん、20代で妊娠中毒症になる人もいますし、子どもに先天異常が発生することもあります。また、20代でも難産の人がいる。 一方で、40代でも20代並みの体力があって、かるがるお産を乗り越えてしまう人もいます。

なお、初産でも2回目以降でも、高齢出産として区別されることに変わりはありません。 ただ、一度出産を経験した人は、次からは子宮囗が開きやすく産道が軟らかいなど、分娩そのものは、らくになるようです。

年齢とともに体の老化が進むのは事実です

だれでも年をとると、筋肉の弾力性が失われ、脂肪がたまりやすく、体形がくずれていきます。疲れたときに回復 するまでに時間がかかった り、無理がきかなくなったりと、老化の始まりを実感することも増えてくるでしょう。

皮膚にもハリがなくなってき て、たるみやシワが増えます。 どんなに若く保とうと思って も、細胞の老化は時間ととも に進んでいくのです。 こうした体の老化は、妊娠、 出産にも影響を与えます。

結婚適齢期はなくても出産適齢期はあるといわれるように、 高齢になるほどリスクは増えていくもの。 ただ、高齢出産の人は、子どもを持つことについてよく考えて臨む人が多いので、お産についてもよく勉強し、積極的だといわれます。 医学的にはデメリットも多いけれど、精神面で充分カバーできることも多いようで す。

ここが気になる高齢出産

赤ちゃんへの影響

卵子は、女性がまだ胎児だったころにすでにできていたもので、それが初朝を迎えるころから徐々に成熟し、毎月1個ずつ排卵するようになります。体が老化するのと同じように卵子も少しずつ老化するもの。

受精の前に卵子は 減数分裂という特殊なプロセ スを経ますが、老化した卵子ではうまく分裂できません。 このため、年齢が高くなるほど、染色体異常を起こす可能性が徐々に上がります。

たとえば、ダウン症の発生を例にとると、30歳未満では 1500人に1人の確率が、35歳で300人に1人、40歳で100人に1人に。 だんだん上がっていくので大変なことのようにも感じますが、40歳でも99%の人は大丈夫ということなので、それほど大きな確率ではないともいえます。

また、ひと口にダウン症といっても、障害の程度はいろいろで、現実に社会で活躍している人もたくさんいます。 高齢に限らず、先天異常を持った赤ちゃんを出産する可能性はだれにでもあるもの。どんな子どもが生まれても、自分たちの子どもだから育てていきたいと思えるかどうか、妊娠前に夫婦で話しあっておくことも大切でしょう。

妊娠の成立

卵巣の機能は年齢とともに 低下していきます。卵巣は、 卵子を育てて放出するとともに、さまざまなホルモンを分泌しますが、機能が低下すると、排卵日やホルモン分泌がスムーズにいかなくなります。

また、卵子そのものの受精能力も低下し.排卵していても妊娠率が下がります。 実際にホルモンの値を検査したところ、35歳を過ぎると 大幅に卵巣機能の低下がみられ、体外受精を行った場合の妊娠率も、35歳を過ぎると急に下がります。

妊娠中の経過

高齢出産で、妊娠中にとくに気をつけたいのは、妊娠中毒症です。妊娠すると、若くて健康な人でも血圧が高くなったり、腎臓に負担がかかります。 もともと高血圧、糖尿病などがあると、妊娠によって、より症状がひどくなるので要注意です。 年齢が高くなると、血管の弾力性も失われ、血管の内側に老廃物がたまって血液が流れにくくなっていきます。

年をとると高血圧になる人が多いのはこのため。また、内臓も老化して機能が低下してきます。 これらの生活習慣病は、高齢になるほどかかる人が多いので、高齢出産の人は妊娠中毒症になる割合も高くなるのです。

お産の経過

年齢の影響で、子宮の出口や産道が硬くて開きにくい傾向があり、お産に時間がかかるケー スもあるようです。帝王切開になる割合も高齢 になるほど高くなります。 子宮口や産道の硬さはどうすることもできませんが、長時間のお産に耐えられる体力を養っておくことは大切です。

逆に高齢出産の人は、お産についてよく勉強 する人が多いので、出産本番になってもおろおろしないで、冷静に臨むことにつながるという 心理的メリットも大きいもの。 肉体的条件は、心がまえをしっかりしておくことでカバーすることが可能でしょう。

産後の回復

ふだん、仕事で無理をしたり、激しい運動をしたときなどでも、年齢が高くなると疲労回復に時間がかかります。お産は、長時間の陣痛、分娩で想像以上に体力を消耗するものです。高齢になるほど産後の回復には時間がかかり、なかには1年くらい体調が戻らなかったという人もいます。

マタニティブルーは、産後のホルモンの急激な変化が原因と考えられていますが、高齢になるほど、ホルモンの変化に体がなかなかついていけず、気分が落ち込んだり、眠れない、食欲がないなどの症状が強く出るともいわれます。

また、年齢が高くなると、筋肉の弾力性が悪く、脂肪の割合も多くなるので、体形を元に戻すにもそのぶん努力が必要なようです。

子育て

高齢出産の人にとって、産後の育児は肉体的には大変かもしれませんが、年齢のぶんだけ経験も知識も豊富なので、育児に対するポリシー もしっかりして、自分なりの育児を楽しめる人が多いようです。

親が精神的に成熟していると、ゆとりを持って赤ちゃんに接することができるので、イライラして子どもにストレスをぶつけることも少なく、子どもの成長にもよい影響を与えます。

経済的にも、若いカップルよりはゆとりがあることが多いので、子ども中心で自分のことにお金がかけられないという不満も、少なくてすみそうです。

高齢出産では帝王切開のリスクが上がる

妊娠は基本的に20代から30代半ばまでに起こりやすく、30代後半になるとその可能性は下がっていきます。経産婦さんに関してはっきりした定義はありませんが、35歳以上の初めての妊娠、出産を迎える女性のことを「高齢初産婦」といいます。

この「高齢初産婦」、いわゆる「高齢出産」の方がとても増えています。 高齢出産にはさまざまなリスクがともないます。 まず、帝王切開になることが多いと思ってください。 理由はいくつかあります。

1つは、不妊治療等で子宮筋腫などの手術既往がある場合に、子宮破裂など自然分娩で起こる事故を防ぐためです。1回目のお産で帝王切開を受けた人や子宮の手術をしている人は、2回目以降も帝王切問となっています。自然分娩はリスクが高いのです。

2つ目の理由は、高齢出産の場合、妊娠中に血圧が上がったり、糖尿病になりやすいからです。そのために妊娠継続がむずかしくなることがあり、赤ちゃんを守るために帝王切開になることがあります。

3つ目の理由は、高齢出産になると、染色体異常や胎児の障害のリスクが高くなります。あまりにも早産の場合や、胎児に重い障害があったり、胎児の状態が悪くて膣から出てくる元気がないときには帝王切開になります。

4つ目の理由として、分娩のときに赤ちゃんの心拍が下がる、胎盤に異常が起こる、母親がいきめずに母子ともども疲れてしまうなどから、帝王切開となってしまうことがあります。

高齢出産の増加とともに上がる流産率

流産とは妊娠22週より前の妊娠中断をいいます。全妊娠の約15%で起こると言われ、連続して3回以上繰り返す場合を「習慣流産」といいます。始まりは生理痛に似たおなかの痛みと出血です。ほとんどの場合、出血とともに小さなレバーのような塊が出ます。  

高齢になると卵子の染色体に異常が多くなります。その場合、赤ちゃん自体も染色体異常になりますが、ダウン症以外の染色体異常の多くは流産します。

その結果、流産の率は高齢出産の増加とともに上がっているのです。不妊治療の増加も、流産が増えている理由の1つです。

不妊治療では、ある意味自然では妊娠しないところを人工的に妊娠させるので、不妊治療を行なっている方は、 自然妊娠より流産率が高くなります。 流産をすると妊婦さんは自分を責めてしまいます。

でも実際のところ、お母さんの働きすぎや運動のしすぎが原因で流産することは、ほとんどありません。 初期流産の原因はほぽ受精卵側の染色体の問題なので、自分を責める必要はありません。

  • 出典元:妊娠について知っておきたいこと
    監修 岡山医療センター産婦人科 日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医 塚原 紗耶

妊娠初期をサポート| FORTIES

この記事は妊娠初期をサポートする情報メディアサイトとして病院の医師、産婦人科専門医が監修した文献をもとにFORTIESが加筆・修正し掲載しました(2018.08.06)

Share: