妊娠初期をサポートします
妊娠初期に気をつけること

妊娠初期に気をつけること

妊娠すると、心身に大きな変化が起こります。とくに妊娠初期は、ホ ルモンの影響で、体がだるくなった り、眠くなったり、あるいは吐きけが出たりと不快症状があらわれやすくなります。

これは、赤ちゃんの命 がおなかの中に宿ったからこそ起き る反応です。突然のことに戸惑うか もしれませんが、この時期は、自分の体の変化を素直に受け入れながら過ごすことが大切です。

安産のために今、どんなことに気をつけて、何をすればいいのか、妊娠初期に気をつけることをまとめました。

生活リズムで気をつけること

早寝・早起き・朝ごはん

妊娠すると、急に眠たくなったり、汗をかきやすくなったり、体がむくみやすくなったり…。 今までとは違う体調変化があらわれます。

さらに精神面でも変化が起きて、イライラやワケもな< 悲しくなることも。 おなかの赤ちゃんのためにも、妊娠がわかった ら規則正しい生活を心がけ、落ち着いた気持ちで 妊婦ライフを送りたいものです。

それには、早寝・ 早起き・朝ごはん、この3つがキーワードです。生活リズムを整えることによって、体への気づかい 方もおのずと改善されていくはずです。

タバコ・お酒

赤ちゃんに影響するのですぐにストップ!

アルコールは胎児アルコール症候群や発育障害、 中枢神経障害などを引き起こす原因になります。 また、タバコは胎盤機能不全や子宮内発育遅延の リスクを高めるおそれがあります。

妊娠がわかったら、アルコールとタバコはすぐにやめましょう。 また、喫煙とあわせてカフェインを摂取してい る妊婦さんの場合、胎児の発育遅延や早産を招く可能性もあります。

カフェインを含むコーヒーや紅茶などは、1日2杯程度に抑えましょう。

運動

妊娠初期は無理して運動しない

妊娠初期については自分の体調とよく相談して、無理をしないことを第一に考えてください。胎盤が完成する妊娠5ヵ月ごろに なったら、自分が楽しく、「気持ちいい」 と思える範囲で、体を動かしましょう。

必ず医師に相談を

必薬の中には、妊娠中は使用を控えたほうがいいものもあります。市販薬は勝手に使わず、必ず医師に相談を。 サプリメントも、念のため医師に成分を確認してもらいましょう。

感染症

風邪やインフルエンなどに注意

妊娠中は免疫力・抵抗力が下がるので、風邪などの感染症にもかかりやすくなります。体を冷やさない、睡眠を十分とる、できるだけ人混みに出かけない など予防を心がけましょう。インフルエンザはぜひ予防接種を受けてください。

レントゲン

胸部レントゲンなどは避けたほうが安心

妊娠初期や妊娠の可能性がある時期はでき るかぎり避けるのが基本OX線検査が必要な 場合は医師に妊娠していることを伝え、腹部を 防護してもらいましょう。妊娠末期には、骨盤の 形を見るためにX線検査をする場合があります。

つわり

つわりのピークは妊娠8週~10週ごろ

気分が悪い、吐く、眠い、頭が痛いなど、このような症状を含めて「つわり」といいます。原因はホルモ ンの影響といわれており、精神的なストレスが加わると悪化しやすくなります。

吐きけ対策として、ビタミ ンB6や漢方薬のほか、酔い止めバンドなどもありま すが、効果には個人差があるようです。妊娠5~6週か ら始まり、ピークは妊娠8~10週。12週を過ぎれば落ち着いてくるでしょう。 

食生活で気をつけること

鉄分やビタミンを中心にバランスのとれた食生活

ある程度バランスのとれた食事ができていればOK。ただし、妊娠初期のころはつわりもあるので、無理せず食べられるものを食べましょう。

とくに妊娠初期に注目したいのは、鉄分・ 葉酸・カルシウムの3つです。

葉酸

ビタミンB群のひとつである葉酸は、おなかの赤ちゃんの発育に大切なもの。不足すると細胞の新生がスムーズにいかないので、胎児の主要器官が形成される妊娠初期にはとくに積極的にとりましょう。

1日の推奨量は一般女性の2倍の480μg。緑黄色野菜に多く含まれています。

鉄分

胎児に酸素と栄養を運ぶ役目があります。推奨量は1日19.5mg。 不足すると、鉄欠乏性貧血になり、胎児の発育不良や出産時にお産が長引いたり、出血が多くなるなどのトラブルも。

肉の赤身や青魚、貝類や大豆製品、青菜、きくらげ、ひじきなどに多く含まれています。

カルシウム

丈夫な骨や歯をつくるカルシウムは、胎児の体の形成に欠かせないものです。神経細胞の情報伝達をスムーズにして情緒を安定させる働きもあるので、妊娠中のイライラを解消する効果も。

小魚、乾物、大豆製品、乳製品 などに多く含まれています。

葉酸サプリ

妊娠初期に意識して取り入れたい葉酸

妊娠中に意識して取り入れたい栄養素のひとつに葉酸があります。葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳と神経系の発達に大切なものです。

ママの体にとっても大切なもので、貧血を防ぎ、疲労回復や食欲増進、精神安定の働きがあります。

妊娠初期の女性は、お腹の赤ちゃんの脊髄や脳の発達を助けるために、1日440μgの葉酸を摂るようにすすめられています。

葉酸は、サプリメントでも補給できますが、オーガニックの葉酸サプリから摂るほうが体に吸収されやすくなります。

  1. mamate

    妊娠してから出産までの赤ちゃんの成長やママの様子を紹介しています。赤ちゃんに会えるその日までを、安心して大切に過ごしていってほしいと願っています。