妊娠初期をサポートします
妊娠中の体重

妊娠中の体重管理

妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養を与え、分娩や産後の授乳期に備えるため、体に脂肪がつきやすくなり ます。その上、ホルモンの影響で食欲も増すので、体重が増えすぎてしまう人もいます。

妊娠中の体重の増えすぎ は、さまざまなトラブルの原因になることがあるので、注意が必要です。

逆に、妊娠前からやせている人が 妊娠中の体重増加が少ないと、赤 ちゃんに十分な栄養を与えられないため、低出生体重児を出産するリスクがあります。

妊娠中の体重増加は、 標準体重の人で7~12kg、やせ気味の人で9~12kgが目安。週1回は 必ず体重を測定する習慣づけをし、 妊娠16週目くらいから、本格的に体重管理を始めましょう。

食生活は量より質を大事にし、脂肪や糖分、塩分は控えめにして、栄養バランスのとれた食事を心がけしょう。

妊娠経過が順調であれば、 ウォーキングや簡単なエクササイズなどを習慣にするといいと思います。

妊娠前の肥満度をチェック

妊娠中の適正な体重増加量は、妊娠前の体重によって異なるので、BMI(ボディーマスーインデックス)という、肥満度をあらわす指数を使って調べましょう。

BMIとは、自分の体重の肥満度をチェックする方法です。妊娠した後もこの計算を目安に、体重の増加を考えていくので今のうちからのチェックが必要です。

下のフォームにあなたの数字を入れてみて、BMIを測定してみましょう!入力欄に身長・体重を入れ「計算」をクリックすると計算結果・判定・肥満率・理想体重と範囲が表示されます。

身長 cm

体重 kg

BMI指数

判定

肥満率 %

理想体重と範囲 kg

体重が50kgの場合。身長が 158cmの人はBMIが20.0と なり、「普通」体型なので適正 体重増加量は+7~12kgです。168cmの人は17.7となり、 「やせ」体型になるので、+9~12kgが目標体重となります。

BMIが18.5未満

出産までの体重増加は9~12kgくらいが目安。栄養不足が心配なところですが、「油断していろいろと食べてしまったら、出産直 前までに15kg以上も太った」という例もあるので注意が必要です。

BMIが18.5以上25.0未満

出産までの体重増加は7~12kgくらいが 目安。週に500g.以上の増加が見られる場合は要注意ですが、理想的な体重増加に比べて1kgくらいの差であるのなら、それほど心配はいりません。

BMIが25.0以上

出産までの体重増加の目安は個別に医師への相談が必要です。妊娠初期の時点から計画的に体重のコントロールを検討しましょう。 体重増加は定期的に確認を。急激な増加傾向がある場合は早めに受診して。

妊娠中の太りすぎ&やせすぎ起こりやすいトラブル

体重が増えすぎで起こりやすいトラブル

妊娠高血圧症候群

妊娠20週以降、産後12週まで高血圧が 見られる場合、もしくは高血圧にタンパク 尿を伴う場合です。胎盤に十分な血液が 届かなくなり、赤ちゃんの発育が悪くなっ たり、母体が危険になる可能性もあります。

妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに糖の代謝異常が起こり、 血糖値が高くなった状態です。もともと肥 満ぎみの人や糖尿病の家族がいる人がな りやすく、赤ちゃんが大きくなりすぎて難 産になるほか、母体にもトラブルが。

微弱陣痛

陣痛が弱く、子宮口が十分開かないため、 お産がスムーズに進まない状態です。お 産が始まってもなかなかよい陣痛が起こら ない場合と、途中から陣痛が弱<なってし まう場合とかあります。

その他

骨盤の内側や産道の周りに脂肪がついて 微弱陣痛になったり、出血量がふえたりな どのトラブルが起こることがあります。

体重が増えなさすぎで起こりやすいトラブル

子宮内胎児発育遅延

おなかの赤ちゃんが妊娠週数に応じた大 きさに育っていないことをいいます。赤ち ゃん自身の障害のほか、妊娠高血圧症候 群や食事量が極端に少ないことが原因の ことも。赤ちゃんの様子によっては、入院 や予定日前に帝王切開になる場合もあり ます。

低出生体重児

おなかの中での発育が十分でなく、出生 時の体重が2500g未満の赤ちゃんのこと をいいます。NICU(新生児集中治療室) の保育器などでのサポートが必要になる 場合もあり、ママが先に退院して母乳を届 けるようになることも。

葉酸サプリ

妊娠初期に意識して取り入れたい葉酸

妊娠中に意識して取り入れたい栄養素のひとつに葉酸があります。葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳と神経系の発達に大切なものです。

ママの体にとっても大切なもので、貧血を防ぎ、疲労回復や食欲増進、精神安定の働きがあります。

妊娠初期の女性は、お腹の赤ちゃんの脊髄や脳の発達を助けるために、1日440μgの葉酸を摂るようにすすめられています。

つわりのために思うように食べられなくても、おなかの赤ちゃんの成長に影響はありません。食べられるものを少しずつとりましょう。葉酸はサプリメントで補うなど、不足しないようにしましょう。

  1. mamate

    妊娠してから出産までの赤ちゃんの成長やママの様子を紹介しています。赤ちゃんに会えるその日までを、安心して大切に過ごしていってほしいと願っています。