妊娠初期の気になる出血

妊娠初期の出血

妊娠初期の出血は、何かが起こっているというサインではありますが、出血のすべてが危険なものというわけではありません。 妊娠中の子宮は血液が豊富になっているので、ちょっとした刺激で出血することもあります。

ただし、自分自身では何が原因の出血かは判断できないものです。 たとえ少量でも自己判断せず、落ち着いて出血の量や色などを確認して。特におなかの痛みや強い張りを伴うときは、必ず病院に連絡して、指示に従って受診しましょう。

妊娠初期に出血したからといって流産ではない

妊娠初期の出血はよくあることです。出血すると「流産」の2文字が頭に浮 かび、心配になる人が多いのですが、危ないものかどうかは、ある程度自分で予測することができます。

流産の場合、レバーのような赤い塊と赤い血がたくさん出て、腹痛をともないます。そうではなく、茶色のおりものであれば心配ないことが多いです。茶色のおりものは、古い血液がたまったものです。今は血が止まっているので、そんなに心配はありません。まずは安静にすることが一番で、急いで病院にかけっける必要はありません。

赤いおりものは、いま出血しているということです。大量出血の場合は、すぐに病院に連絡してください。流産の出血だった場合、それは胎児側の要員で、その胎児自体が大きくなる力がないということです。残念ながら治療法がありません。

妊娠初期は、子宮の壁に胎盤などが形成していく家庭です。血管が、植物の根が土の中で張っていくように発達します。なので、デリケートで出血しやすく、出血があっても必ずしも流産とはなりません。

妊娠中に出血があった場合には、安静にして、横になって寝てください。仕事に行かなければならないのであれば、重いものを持ったり、ヒールを履いたりしないことです。ヒールは転びやすく捻挫しやすいうえ、腰に負担もかかるので、運動靴が好ましいです。

妊娠初期の出血をチェック

おりものに血が少しまじったようなピンク色

妊娠中はおりものの量がふえますが、そこにごく少量の血がまじるとピンク色のおりものが出ることがあります。 2~3日様子を見て続くときは受診。

月経の始まりか終わりごろのような茶褐色

少し前に出血して血が出てきたものが少し時間がたつと、茶褐色に見えます。 2~3日様子を見て続くときは受診。

フレッシュな鮮血

鮮やかな色の血が出てきたら、出血が今も続いていると考えられます異常が起きているサイン。すぐに病院を受診しましょう。

出血は1回だけ

セックスや妊娠後期の内診後など、原因が考えられます。2~3日様子を見て続くときは受診。

忘れたころに時々出血する

「びらん」や「ポリープ」があるといわれている。 2~3日様子を見て続くときは受診。

だらだらとした出血が続く

すぐに病院を受診しましょう。

妊娠初期の出血の種類

妊娠すると月経が止まるので。本来、出血することはありえません。出血しているということは、子宮周辺にトラブルがあると考えられますが、赤ちゃんから出血しているわけではありません。

産婦人科を受診していても、子宮内に赤ちゃんが見えていなかった場合は、異所性妊娠(子宮外妊娠)の可能性があります。母体が危険になることもあるので、すぐに受診しましょう。

子宮内に赤ちゃんが見えていて出血がある場合は、 切迫流産や腟炎・子宮頸管炎。子宮頸管ポリープなどが考えられます。多くの場合は心配ありませんが、 出血が止まらない場合は受診しましょう。

妊娠のごく初期の出血

妊娠がわかるころ、受精卵が子宮内膜に着床するころに出血することがあります。量は少ないことが多いですが、まれに月経くらいの出血があることも。

子宮頸管ポリープ・びらんからの出血

子宮頸部にできる良性腫瘍がポリープ、子宮の入り口がただれている状態がびらんです。ポリープがひどくなると流産の原因になることも。出血が続くようなら受診して。

異所性妊娠

受精卵が子宮内膜以外のところに着床すること。ほとんどは卵管に着床し、ほうっておくと卵管が破裂するので、切除する処置が必要に。

膣炎・子宮頸管炎

雑菌が感染して炎定を起こしたもの。腟炎が上へ進んでしまう と子宮頸管炎に。どちらも悪化すれば流産の原因になるので、出血が続くようなら受診しましょう。

切迫早期流産

切迫早期流産の主な症状は「出血」「おなかの張り・痛み」の2つです。切迫流産とは、妊娠22週未満に出血や下腹部痛といった症状があり流産のリスクがある状態のことで、妊娠が継続するケースも多くあります。その中で妊娠12週未満のものを「切迫早期流産」と呼んでいます。