妊娠初期のアルコール、カフェイン

妊娠初期のアルコール、カフェイン

お酒はタバコより赤ちゃんに伝わりやすい
妊娠初期のアルコール

妊娠したとたんに薬やタバコには気をつけるようになっても、お酒は少しぐらい大丈夫と思っている人が多いようです。 「産後は飲みにも行けなくなるから、今のうちに」などと思う気持ちもわかりますが、アルコールの赤ちゃんへの影響は、意外にもタバコより大。

完全フリーパスで胎盤を簡単に通過してしまうので、お母さんがお酒を飲むことは、赤ちゃんもいっしょに飲んでいるのと同じことになります。妊娠中、毎日大量に飲んでいた母親から、知的障害や奇形、小頭症、発育不全の赤ちゃんが生まれたという報告もあります。

影響度は安定期に入っても同じ

赤ちゃんの体がつくられて いく妊娠初期にはだれもが慎重になるようですが、アルコ ールは安定期に入ってからも同じように赤ちゃんの成長に影響します。とくに、問題になるのは量です。1ヵ月に1回、ビールやワインをグラスに1杯程度なら、それほどではありませんが、毎日ともなるとちょっと問題。 ビール小びん3本、またはワインをグラスに3杯、毎日飲む人は、飲まない人に比べて死産率は2倍、流産率は3倍になるといわれています。

いくら母親がアルコールに強くても、おなかの赤ちゃんは別。お酒に強い人は、つい量が多くなりがちですが、妊娠中だけは量も回数も減らしましょう。

男性のお酒は妊娠率に影響の可能性も

「夫が泥酔して帰ってきたあとにセックスして妊娠した。赤ちゃんは大丈夫なの?」という不安をよく聞きます。しかし、精子はそのときすでにでき上がっており、夫のお酒が奇形をまねくことはありません。

ただし、毎日大量に飲む習慣のある男性は、精子の数や運動性が低下して、妊娠が成立しにくくなる可能性があります。妊娠を望むなら、ときどきかるく飲む程度にしておいたほうがよさそうです。

時期によるお酒の影響

「安定期に入ったら飲んでも大丈夫」と、 なんとなく思っている人が多いようですが、 お酒の影響も、妊娠・授乳期間を通じて続きます。 我慢がストレスにならないように、 量に注意しましょう。

妊娠前 妊娠の成立には影響なし

妊娠前の女性が飲むお酒が、妊娠しにくくなるなどの影響を及ばすこ とはありません。影響があるとすれば、お酒そのものではなく、毎日飲むことによる生活パターンに問題がありそう。飲まずにいられないほどのストレスや不規則な生活は、見直したいものです。

妊娠中 赤ちゃんの発達に影響します。毎日の飲酒は厳禁

アルコールは胎盤をフリーパスで通過して、赤ちゃんに運ばれます。 妊婦が毎日酔っぱらうほど飲んでいた場合に、「胎児性アルコール症候群」といって、知的障害や奇形、小頭症、発育不全の赤ちゃんが生まれることがあげます。 有害物質から脳を防御する細胞が未熟なので、量は、 多くなくても毎日お酒を飲んでいれば、赤ちゃんの脳は毎白アルコールにさらされることになり、知能の発達に影響を与えるのです。

また、胎児の発育が阻害されるため、死産や泱産の確率も高まります。

産後の授乳期 飲んだあと授乳すると嘔吐や睡眠障害が

アルコールは母乳を通して赤ちゃ んに伝わります。妊娠中に胎盤から 伝わる量よりは少ないのですが、それでも母親がアルコールを飲んで授乳すると、赤ちゃんに嘔吐や睡眠障害があらわれる場合があります。

「授乳直後に飲めば、次の授乳までにアルコールが分解されるから大丈夫」と考える人もいるようですが、飲んだお酒が何時間で母乳に流れ込むご かはわかりません。母乳を与えている期間は、禁酒を原則としましょう。

妊娠初期のコーヒー、カフェイン

妊娠初期のカフェイン

カフェインには神経を興奮させる作用があり、 眠いときにコーヒーを飲むと、頭がすっきりするもの。 このカフェインも妊娠に影響を及ぼします。

大量にとると、不妊率アップの報告もあリ

大量のカフェインは血管の 収縮をまねいて血行を悪く し、妊娠の成立に影響すると いうデータがあります。一日 150~300mgで10%、 300mg以上で27%妊娠率が低くなるというもの。 コーヒ ー1杯分は約60mgのカフェイ ンを含むので、濃いコーヒー を何倍もおかわりするのはやめたほうがよさそうです。

また、カフェインは煎茶( 1杯で30mg、紅茶(1杯で 75mg)にも含まれており、意外なことに、薬にも入っています。 頭をすっきりさせる作用があるので、頭痛薬や総合感冒薬に多く、たとえばある市販の頭痛薬には一回1錠分で50mg程度。 コーヒー1杯弱分のカフェインが配合されています。トータルで量を増やさないよう、そのぶんコー ヒーや紅茶は控えましょう。

妊娠中は、少量(1日300mg以下)なら赤ちゃんへの影響はありませんが、飲みすぎないよう、ほどほどに。

夫の精子の活動を活発にする?

ある実験で、試験管に入れた精液の中にカフェインを混入すると、精子の動きが活発になったとして、一部で注目を集めています。 女性には妊娠にマイナスの影響を及ぼすのに対して、男性では逆の現象がみられるのは興味深いことです。

でも、セックスの前に夫がコーヒーを飲んだからといって、妊娠しやすくなるというデータはありません。

Share: