妊娠3週目

出産予定日まで259~253日
妊娠3週

妊娠3週のおなかの赤ちゃんの大きさは1mmほどで、子宮に着床して「胎芽」と呼ばれるようになります。 平らな円盤状の細胞のかたまりをしていて、生き物らしい特徴はまだ見えません。 子宮で育つ態勢ができあがり、急速に成長しているところです。

着床が行われた場所にある細胞は、hCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンを分泌します。 妊娠中、このホルモンはとでも重要な役割を果たします。 現在の精巧な妊娠判定薬は、妊娠10日目くらいまでに、体内にこのhCGがあるかどうかを判定基準にしています。

  • 受精卵が子宮に着床します
  • 妊娠が成立しました
  • ホルモン分泌が妊娠モードになります
  • 赤ちゃんは「胎芽」と呼ばれます
  • 胎盤づくりが始まります

妊娠3週の赤ちゃん

受精卵が子宮内膜に完全にもぐり込むと、着床が完了します。 着床すると、赤ちゃんは呼び名が変わって「胎芽」と呼ばれるようになります。 着床した部分には、赤ちゃんが子宮の中で育っていくための大事なサポート役「胎盤」がつくられ始めています。

妊娠3週の症状

まだ実感はわかないかもしれませんが、妊娠してすでに 1週間が経過したのです。 妊娠すると、hCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や黄体ホルモンのプロゲステロン、卵胞ホルモンのエストロゲンなどが、たくさん分泌されます。 これらは、妊娠を維持するためには必要なホルモンですが、これからママをしばしば悩ませる、便秘や頻尿、色素沈着などの不快症状を招く要因になることもあります。

「眠くてしかたがない」「熱っぽい」「だるい」「疲れやすい」「イライラする」など、月経前にゆううつな気分になるママなら、いつもの症状と思うかもしれません。でも、今回は違います。 妊娠するとホルモン環境が変わるので、体にも小さな変化が現れ始めるころです。月経前は、妊娠していても、していなくても、体調や気分に波があるときです。

妊娠初期の症状はちょっと気づきにくいときかもしれませんが、これらのサインがあったら、まず妊娠を考えてみることが大事です。

妊娠3週に気をつけること

避妊していなければ、いつでも妊娠する可能性があります。思いあたるようなら、今ぐらいの時期は、ふだんから薬の服用や飲酒、喫煙などは控えておいたほうがよさそうです。 赤ちゃんに影響する心配のない場合がほとんどですが、「もしかして……」と気にし続ける原因になりがちです。

ただ妊娠1ヶ月の段階では、まだ主要な器官は形成されていない時期です。 もし、排卵日近くや月経予定日前に、市販薬を飲んだり、健康診断でX線検査を受けていたりしても、心配しすぎる必要はありません。 また妊娠によって、あなたの体内では普段以上の活動が起こっているため、体が十分な休養を望んでいるのです。 できるだけ体を休め、水分をたくさん摂るようにしてください。

水分は、固形物と区分するために、食間に摂るのが望ましいと思います。 たくさん飲むのが難しい場合は、スイカなど水分が多く含まれた食品を食べたり、加糖していないフルーツジュースなどを飲むようにしてください。 十分な休養と水分は、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染を防いでくれます。

妊娠3週の着床出血

月経の予定日近くのこのころに、軽い出血を経験するママもいます。 これは赤ちゃんが 子宮内膜の組織を壊して胎盤をつくっているため、そのときに出た血が見られることがあるからです。 これを着床出血と呼んでいます。

ただ、そもそも出血しなかったり、あってもおりものに多少色味がつく程度だったりで、妊娠が成立したはじめてのサインに気づかないことのほうが多いようです。

妊娠3週にとりたい食事と栄養素

ビタミンB12と葉酸は、赤ちゃんの細胞の急速な成長を助けるのに必要な栄養素です。ビタミンB12は赤ちゃんの新しい細胞を作るのを助けます。 肉、魚、力二、貝、卵、乳製品、シリアルを食べている女性は、これらの食品から妊娠期間中に必要とされる量(2.8μg)のビタミンB12を摂取しています。

日頃これらの食品を食べていない女性の場合は、サプリメントが必要になってきます。

  • 卵子とパートナーの精子が結合してひとつの細胞が作られます、これが受精卵です。まだほとんど肉眼で見ることのできないこの細胞は、これからの数か月で、赤ちゃんへと成長していきます。受精卵となり細胞分裂を繰り返しながら子宮へ行き着床の準備が始まります。

    Read More
  • 妊娠4週は規則的に月経がくるママなら、今日が月経予定日です。 月経の始まるいつもの時期とのちょっとした体調の違いから、もしかすると妊娠? と思うママもいるようです。基礎体温をつけている場合は、高温期が2週間以上続くことで妊娠したことがわかると思います。

    Read More