妊娠初期をサポートします
妊娠1ヵ月

妊娠1ヶ月妊娠0~3週

妊娠1ヶ月のうち、前半の2週間はまだ妊娠していません。後半の2週間も、妊娠しているものの、それに気づきにくい時期です。

しかし、受精・着床で 妊娠が成立していた場合、体内では赤ちゃんの生命が着々とはぐくまれています。

赤ちゃんを望んでいる人や妊娠の可能性がある人は、気をつけて生活しましょう。

妊娠1ヶ月 体の症状

月経周期が28日型の人は、最終月経開始(妊娠0週0日)から約2週間後が排卵日となります。

受精すると7~10日で受精卵は子宮内膜に着床し、妊娠が成立します(このとき、妊娠週数は3週)。

子宮の大きさはまだ妊娠前と変わりなく、鶏の卵ぐらい。

際立った妊娠の自覚症状はありませんが、熱っぽかったり、胃がムカムカしてつわりのような症状が出る人もいます。

こんな変化がおこるかも

妊娠の兆候として、次のような体調の変化に気づくかもしれません

  • 体が熱っぽい
  • 乳房がはれぼったい感じになる
  • 胃がむかむかする
  • 眠い

子宮底長

まだ測定できません

体重増加の目安

まだ変化はありません

妊娠1ヶ月 赤ちゃんの変化

赤ちゃんのもとになるのは、ママの卵子とパパの精子。卵子は卵巣で育ち、卵巣から出てきた卵子が卵管で精子と合体すると、受精卵になります。

受精卵は細胞分裂を繰り返して発育し、無事に子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

子宮内には胎嚢という袋に包まれた、胚 (赤ちゃんの原形)が見えます。

妊娠3週ごろの赤ちゃんの大きさ

頭殿長(CRL)

約1mm未満

体重

約1g未満

妊娠1ヶ月の出血

妊娠がわかるころ、受精卵が子宮内膜に着床するころに出血することがあります。量は少ないことが多いですが、まれに月経くらいの出血があることも。

妊娠1ヶ月心がけたいこと

  • タバコをやめる。受動喫煙にも気をつける
  • 薬の服用やレントゲン撮影は、事前に医師や薬剤師に妊娠の可能性があることを伝える
  • 十分な睡眠と休養を心がける
葉酸サプリ

管理栄養士が監修した葉酸サプリ

妊娠中に意識して取り入れたい栄養素のひとつに葉酸があります。葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳と神経系の発達に大切なものです。

ママの体にとっても大切なもので、貧血を防ぎ、疲労回復や食欲増進、精神安定の働きがあります。

妊娠初期の女性は、お腹の赤ちゃんの脊髄や脳の発達を助けるために、1日440μgの葉酸を摂るようにすすめられています。

葉酸は、サプリメントでも補給できますが、オーガニックの葉酸サプリから摂るほうが体に吸収されやすくなります。

オーガニックレーベルの葉酸サプリは管理栄養士の五十嵐ゆかりさんが監修したサプリです。

またオーガニックレーベルの葉酸は、103種類もの食べ物から作られているサブリのため、厚生労働省か推奨する葉酸400μgだけでなく、妊娠初期の必要な様々な栄養素をバランスよく摂取できるところが魅力的です。

妊娠0週~1週

妊娠0週~1週

日本では、妊娠前の最終月経が始まった日を「妊娠0週と0日」と数えるのが、妊娠周期の数え方です。 最初の0週目はまだ月経中ですから、妊娠期間に数えるものの、厳密にいえばまだ妊娠していません。

妊娠2週

妊娠2週

卵子とパートナーの精子が結合してひとつの細胞が作られます、これが受精卵です。まだほとんど肉眼で見ることのできないこの細胞は、これからの数か月で、赤ちゃんへと成長していきます。

妊娠2週

妊娠3週

このころのおなかの赤ちゃんの大きさは1mmほどで、子宮に着床して「胎芽」と呼ばれるようになります。平らな円盤状の細胞のかたまりをしていて、生き物らしい特徴はまだ見えません。

  1. mamate

    妊娠初期の症状や気をつけること、また管理栄養士が監修した葉酸サプリを紹介しています。厚生労働省は、妊娠の可能性がある女性は、 食事での葉酸摂取に加えて、サプリメントなどによる1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。