妊娠初期をサポートします
妊娠11週

妊娠11週出産予定日まで203~197日

  • 赤ちゃんは羊水を飲むようになります
  • 羊水の中におしっこをします
  • 両足を交互に出す反射が見られます
  • 代謝を調節する器官が働き始めます
  • 皮膚が敏感になります

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの頭が丸くなってきました。おしりのしっぽは、縮んでなくなっています。少 しずつ、体のつりあいがとれて整ってきています。

赤ちゃんの腎臓や膀胱が働くようになった ので、羊水をゴックンと飲んで、おしっことして出すことができるようになりました。これは、将来のおっぱいを飲む練習にもなって います。

赤ちゃんはいま、約30g、身長は約5cmにまで成長しました。またこのころ赤ちゃんの皮膚はとても敏感になっているので、外からの刺激にすばやい反応を見せるようになってきます。

赤ちゃんはママの子宮の壁に足があたったり、手と手かぶれ合う と、この感覚はなんだろうと感じたりしているかもしれません。こうした刺激が、さらに 赤ちゃんの脳を発達させていきます。

赤ちゃんにいいことだったら何でもしてあげたいと、胎教に興味を持つママもいると思います。

ただ、赤ちゃんに何かを教えること とは考えないほうがいいでしょう。それより も、ママが健康的な生活を送ることが、赤ちゃんにとっていい環境であるのは間違いあり ません。

胎教は、ママが音楽を聴いてリラッ クスできる、赤ちゃんに話しかけたりおなかをなでたりすることでママやパパが幸せな気持ちになれるなど、ママやパパが主体になることが大事。

赤ちゃんを授かった幸せを感じながら過ごせたら、それは最高の胎教です。

ママの様子

赤ちゃんの成長とともに子宮も大きくなっ て、グレープフルーツ大になりました。下腹部につれるような軽い痛みや、足の付け根あたりに違和感を覚えることはありませんか。

子宮の筋肉が引き伸ばされるときによく起こる症状です。まだ子宮は恥骨の陰に隠れているので、おなかのふくらみとしては感じにくいかもしれませんが、徐々に大きくなってい ます。それがわかるのも、もうすぐです。

これまでに体重が1~2kg増えた人もいると思います(つわりで少し減っている場 合も、あまり気にしないように)。

妊娠前に平均よりやせていた人は、もっと体重が増えているかもしれません。太り気味の人の場合、体重の増え方はもう少し穏やかになります。

経産婦の場合、初めての妊娠よりも体重が増えやすい傾向があります。また、その増え方も前回の妊娠時とは異なってきます。

ごく少数の例外を除いてはこの時点ではまだ、胎動を感じることはできません。 赤ちゃんのできたばかりの筋肉はまだ弱く、体もまだとでも小さく、ママの腰の骨組みにすっ ぽりと入っているからです。

この時期たまに頭痛が起こるかもしれません。妊娠中の頭痛は、ホルモンバランスの変化、ストレス、鼻づまりなどによるものです。おりものが増えるのもホルモンの変化のせいです。ただし、白っぽいおりものがたくさん出る時は、医師に相談しましょう。

立ちくらみやめまいを覚えた時はいったん横になって足を頭より高い位置に上げ、落ち着いたら、ゆっくりと起き上がりましょう。

もし倒れるようなことがあったら、すぐに医師に連絡を。医師はきちんとした原因を見つけてくれるはずです。ときどき立ちくらみなどを感じるとしても、この頃になると妊娠生活に体も心も慣れできて、精神的には安定してくるかもしれません。

今週で妊娠3ヵ月が終了します。お腹の中に赤ちゃんがいるという事実に、喜びがこみあげてきたり、不安になっ たり、いろいろ考えてしまうかもしれません。 そうしたあなたの気持ちをパートナーに伝え、 共有しましょう。妊娠という出来事は、ふたりで実感し、責任を持つことなのです。

妊娠11週に気を付けたいこと

ふだんよりも暑く感じるのは、基礎体温の 高温期が続くためだけではなく、ママの基礎代謝が妊娠によって上がっていることにも関係しています。

赤ちゃんとママの2人分のエ ネルギー(熱)を、ママの体が盛んに燃やしているような状態といったほうがわかりやす いでしょう。

夏の妊婦さんは特に暑さがこたえるかもしれませんね。冷やしすぎはよくありませんが、エアコンを上手に使って快適に過ごす工夫をしましょう。

風邪をひいたら

長い妊娠期間ですから、かぜをひいてしまうこともあると思います。かぜのウイルス自体をやっつける薬は今のところないので、つ らい症状がなければ、安静にして寝ているのがいちばんです。

かぜ症状を起こすウイルスや細菌はたくさんありますが、胎盤を通して 赤ちゃんに感染することはまずないので安心してください。

ただ、妊娠への影響を心配するあまり、つらいのにがまんして症状をこじ らせるのはよくありません。適切な治療で症状を軽くしましょう。医師との相談なしには、絶対に薬を飲まないようにしましょう。

感染症に注意

妊娠中にはいくつか気をつけたい感染症がありますが、水ぼうそう(水痘)もそのーつ です。通常は自然に治りますが、妊娠中には じめて感染すると重症化する可能性があるので免疫のないママは要注意です。  

妊娠20週までと、お産直前に感染した場合は、赤ちゃんへの影響が心配です。地域の 水ぼうそうの流行情報に気を配り、水ぼうそうにかかっている人との接触を避けるなど、 予防を心がけましょう。

妊娠11週の食事と気を付けること

健康的に体重が増えるように次のよう な栄養の摂り方を心がけましょう。妊娠中に増加する体重のほとんどは、胎盤、 子宮、血液、乳腺、そして赤ちゃんの分です (これらは脂肪分のほとんどない組織)。

体重が増えすぎると、気分がよくないだけでなく、妊娠線が出たり、出産後に体重を戻すのが大変になります。

1日の総カロリーは、通常時よりも初期は 50kcal、中期は250kcal、後期は500kcal増

  • タンパク質は10g増
  • 葉酸は200μg増
  • 鉄分は約2倍
  • カルシウムは1日600mgを目標に

専門家によると、妊娠期間中に木の実(とくにアーモンド、ピーナッツ、オリーブオイル)から脂肪分を摂取した妊婦は、低脂肪の食事を心がけた妊婦に比べで、出産後の体重の戻りが早く、その体重を維持する傾向がみられるようです。

天然のアップルジュース

砂糖や保存料などが含まれていない天然のアップルジュースは、鉄分、カリウム、 マグネシウムが豊富に含まれており、手軽に栄養補給できる飲み物です。

カルシウムは毎日とる

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯をつくるために不可欠な栄養素。カルシウムは妊娠前から必要量に足りていないことが多いといわれているので、特に意識してとるようにしたいものです。

牛乳や乳製品は体内でのカルシウム吸収率が 植物性の食品よりも高いため、毎日とることをおすすめします。小魚や大豆、大豆製品などの比較的カロリーの低い食品も、上手に組み合わせて食べましょう。

また、干ししいたけやしらす干しなどに含まれるビタミンDは、カルシウムの吸収率を高めます。

妊娠中は鉄分の補給を

妊娠中は鉄分の補給を心がけましよう(1日約20mg)。妊娠中、ママの体内では血液と赤血球が増産されるので、いつも以上に鉄分が必要になるからです。

鉄分を多く含む食材は、豚レバー(50gに6.5mg)、納豆(1パ ックに1.7mg)、小松菜(100gに2.8mg)、ほうれん草(100gに2.0mg)、ひじぎ(5gに2.8mg)。 しじみ(30gに1.6mg)など。

つわりであまり食べられない人は、鉄分の錠剤の摂取について、 主治医に相談してみましょう。

タンパク質をとる

動物性の食品(肉、魚、牛乳、乳 製品など)は、ビタミンBが豊富なタンパク質食品です。また、豆類や豆腐、納豆、ゴマなどを穀物と一緒に食べると、バランスよく良質のタンパク質を摂ることができます。

ただし、肉類の食べすぎは体によくない脂肪の摂りすぎにつながるので、鶏のササミを使ったり、牛肉や豚肉は赤身の部分を選び、サツとボイルして脂肪分を除いてから調理するのがいいでしょう。

食あたりを防ぐため、きちんと火を通すように しましょう。

葉酸サプリ

妊娠初期に意識して取り入れたい葉酸

妊娠中に意識して取り入れたい栄養素のひとつに葉酸があります。葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳と神経系の発達に大切なものです。

ママの体にとっても大切なもので、貧血を防ぎ、疲労回復や食欲増進、精神安定の働きがあります。

妊娠初期の女性は、お腹の赤ちゃんの脊髄や脳の発達を助けるために、1日440μgの葉酸を摂るようにすすめられています。

葉酸は、サプリメントでも補給できますが、オーガニックの葉酸サプリから摂るほうが体に吸収されやすくなります。

  1. mamate

    妊娠してから出産までの赤ちゃんの成長やママの様子を紹介しています。赤ちゃんに会えるその日までを、安心して大切に過ごしていってほしいと願っています。