薬剤師の転職をサポートします
調剤薬局の薬剤師に転職

調剤薬局の薬剤師に転職

傾向として大手チェーンの薬局よりも、中堅~小規模クラスの薬局のほうが転職すると年収はよくなるという報告があり、薬剤師が不足している地域に転職する場合は大幅な年収アップのチャンスだといわれています。

また勤務体系が比較的柔軟なので、将来的に無理なく仕事と家庭を両立させたいと考える薬剤師の女性にとっても、転職して働く場所として大いに魅力的な職場です。

調剤薬局の薬剤師に転職メリット

  • 患者さんに直接、主体的に関われる
  • 多種多様な処方箋薬について深く学べる
  • 在宅医療における他職種との連携など、外部との接点が増える
  • 勤務が規則的であるほか、希望に合わせた働き方をしやすい

調剤薬局の薬剤師に転職デメリット

  • クリニック門前に立地する薬局など、処方箋が特定の診療科に偏っている場合、総合的なスキルアップは難しい
  • 店舗経営は調剤報酬の改定に影響を受けやすい

調剤薬局の薬剤師の年収・給料

地域や規模により平均年収は350万円から600万円とかなり差があり、管理薬剤師になると最低でも500万円は超えるといわれています。

また、地方の調剤薬局では人材不足ということもあり、経験10年以上で年収800万円という職場もあります。

調剤薬局での薬剤師の仕事

一般的に薬剤師といえば、調剤薬局の仕事がイメージしやすいと思います。病院で診察を受けたら、処方箋を持って近隣の調剤薬局に行き、薬を出してもらいます。

多くの人はこの流れで調剤薬局を訪れているはずです。薬局といえば、待ち時間の長さを連想する人が多いかもしれませんが、これには理由があります。

薬剤師の仕事は単に指示された薬を出すだけではなく、様々な手順を踏んでいるのです。

処方箋の記載内容が正しいか、薬歴に照らして薬の種類や量が適切かなどを入念にチェックし、疑問点があれば医師に問い合わせます。

調剤蘂局内でもダブルチェックが行われており、薬局薬剤師は、最前線で患者を守っているといえます。

また服薬指導では、症状を聞いて処方内容を再確認したり。服用の仕方を適切に助言するなと、コミュニケーションカも求められます。

薬剤師転職ドットコム

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏み出してみると描いていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。

そうならないためにも、転職のプロたちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

薬剤師転職ドットコムを運営するメディウェルは東証一部上場アインファーマシーズのグループ会社です。ですから調剤薬局の転職情報は業界トップだと思います。調剤薬局に転職をお考えなら薬剤師転職ドットコムはおすすめです。

これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、薬剤師の転職専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてください。

薬剤師転職ドットコムご利用者の口コミ

30代 女性 転職活動期間 1ヶ月 病院から調剤薬局に転職

病院で8年調剤に携わってきて、仕事はこの先も続けたいと思っていましたが残業や土曜出勤が多い職場でした。

子どもとなかなかコミュニケーションをとれない状況を懸念し、転職を考えるようになりました。

転職先の希望条件は、土日祝休みで、残業がなく18時退社が可能な環境でした。さらに、これまで通り正社員として働き、年収を維持できればと思っていました。

「長く働く」という住い意志で採用に希望条件を考慮すると、病院よりも薬局のほうが実現の可能性が高いと伺いましたが、薬局勤務は未経験のため、当初はかなり躊躇がありました。

しかし、病院と薬局の業務の違いなどを丁寧にご教示いただけたことで不安が解消し、調剤の経験は十分にあると励ましていただきました。

面接では、今後も薬剤師を続けたいからこそ、無理のない勤務条件で働きたいということ、仕事にとても前向きで、経験も豊富な点をアピール。

「長く働きたい」という強い思いが伝わったようで、調剤薬局の職場に内定をいただくことができました。

勤務時間が希望通りになった他、正社員、年収アップも実現でき、大変嬉しく思ったのを覚えています。

  1. 薬剤師Qママ

    2児のママです。気がつくと薬剤師の仕事を始めて7年経ってました。病院に勤めていましたが子育てのため調剤薬局に転職しました。 薬剤師の仕事や転職、薬やサプリメントの記事を書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。