薬剤師の転職をサポートします
病院の薬剤師に転職

病院の薬剤師に転職

病院勤務でよくいわれるのが、勤務時間が不規則になりがちという点です。実際、当直の夜間勤務や時間外勤務が多い傾向があるのは確かです。そして、その割に給料は高いとはいえません。

病院の薬剤師に転職を目指すなら、医療にしっかり携わりたいという熱意と一定以上の体力は必須です。

とはいえ、それでも病院に転職を希望する薬剤師か少なくないのは、やはり医療人としての成長を遂げたいという熱意があるからです。

病院の薬剤師に転職メリット

  • 患者の回復をすぐそばで確認できる
  • カルテを見ることができるため、医学的観点からの理解が深まる
  • 臨床薬学の最前線で経験を積める
  • 病院内の様々な職種の人と協働して仕事ができる

病院の薬剤師に転職デメリット

  • 内部での関わりが多いため、ビジネスマナーなどの社会常識に疎くなりがち
  • 夜勤や時間外労働などが多い傾向にある

病院の薬剤師の年収・給料

病院に勤務する薬剤師の場合、最初のうちは400万円ぐらいと調剤薬局やドラッグストアと変わりませんが、大きな病院で夜勤がある場合は、その手当が年間で30~50万円前後プラスされるため、その分、年収が多くなることがあります。

病院薬剤師は、長く勤務していると600~650万円を超えることもあるようです。

また、「薬剤部長」「薬局長」などといったポストに就いた場合は、年収以外にもそれなりの待遇を受けられる点も魅力です。

年収は少ないが、貴重な臨床の経験が積めるただし、病院勤務の薬剤師の場合、他の薬剤師にはあり得ない経験を積め、スキルに関してはプラスとなる面が多いため、年収とは無関係のメリットを望んで就職する薬剤師が少なくありません。

大学病院の場合、初任給は公立で25万円、私立で25万円と一般の病院に比べてさほど高くはありませんが、公立の大学病院となると、勤続年数に応じて給料がアップしていきます。

そのため、平均年収は600万円を超え、着実に勤務を続けていれば800万円に達することもあるようです。

公立病院の場合、公務員扱いになりますので、民間の病院に比べて給与体系がいいのです。

病院での薬剤師の仕事

薬剤師として病院に勤務することの意義は、薬学に関する専門知識をフルに生かせることです。

医師や看護師などと協力できる環境なので、患者を治療するうえで、処方や投薬がどのように役立っているかが実地で経験できる点は大きいです。

また、カルテを見ることができるなど、より深く医療と関わることで視野が広がり、やりがいを感じることができます。 さらに、患者の病状が軽くなったり、入院患者が退院していったりする場面に接することができるのも、薬剤師として大きな喜びになります。

調剤薬局やドラッグストアの社会的役割が徐々に大きくなっているとはいえ、手術でしか治らない大きな病気や入院を要するようなけがの際には、やはり病院の存在感が大きいのは言うまでもありません。

そんな場所で医療に関わることができるのは、薬学知識の向上、ひいては薬剤師としての成長につながるはずです。

人員募集があまり多くないのも病院の特徴です。

ジョブデポ薬剤師転職の会員登録プログラム

病院の薬剤師に転職をお考えならジョブデポ薬剤師転職の会員登録プログラム

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏み出してみると描いていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。

そうならないためにも、転職のプロたちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

ジョブデポ薬剤師転職・薬剤師求人の会員登録プログラムは8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。

ジョブデポは病院の転職案件が非常に多いのも魅力的です。またご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼントされます!給与や勤務時間など直接聞きにくいことはすべてジョブデポが交渉してくれます!

あなたの"理想な病院での職場"をジョブデポが紹介してくれます!

これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。

いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてください。

ジョブデポ薬剤師転職の会員登録プログラムご利用者の口コミ

30代 男性 転職活動期間 2ヶ月 製薬会社から病院に転職

医療サービス全体の中で薬剤師はどのような役割を担うべきか考えるうちに、やはりより良い医療を提供するためにも、臨床現場で他職種とも関わりながら経験を積みたいという思いが大きくなりました。

そこで、医師、看護師、コーメディカルとのチーム医療に携わることができる、病院の臨床現場への転職を希望。様々な症例に関わることで知識、経験を積み重ね。いずれは研究、論文発表や勉収会への参加も実現したいと考えていました。

勤務条件のよい調剤薬局と迷うも、志を貫ける病院ヘスキルアップ転職現場といっても病院と薬局の選択肢があったため、給与などの勤務条件も加味すると、薬局のほうがいいだろうか・・・と迷った時期もありました。

そのときはジョブデポのキャリアアドバイザーの方にご相談し、なぜ転職をしようと思ったのか、将来どうなりたいのか、という原点に立ち返りました。経験のない職場の選択には不安もありましたが、困難であっても新しいことヘチャレンジしたい気持ちのほうが強くなりました。

面接では積極性をアピールでき、最終的には薬剤師の活躍の場が多いチーム医療を実施している病院へ転職。医療現場で薬剤師に求められる役割を果たせている実感もあり、大変満足のいく結果となりました。

  1. 薬剤師Qママ

    2児のママです。気がつくと薬剤師の仕事を始めて7年経ってました。病院に勤めていましたが子育てのため調剤薬局に転職しました。 薬剤師の仕事や転職、薬やサプリメントの記事を書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。