薬剤師の転職をサポートします
病院の薬剤師に転職

製薬会社の薬剤師に転職

自社の医薬品に関する情報提供を行うMR職

製薬会社の仕事で主だったものとしては、MR職、研究職、開発職が挙げられます。MRとはMedical Representativeの略で、医療情報担当者のことです。

自社の医薬品について、特徴や副作用、有効性などの情報を医師や薬剤師に提供するのが主な業務です。

医薬品の適切な用法を促すことで、患者の安全性を確保するのはもちろん、自社製品の売り上げを伸ばし普及させることも重要なミッションとなります。

企業にもよりますが、傾向としては給与は高く、手厚い待遇のところが多いです。

営業的な側面があるため向き不向きはあるが、人と話すのが好きな人、自社製品の普及を通して社会に貢献したい人には適した職種です。

新薬で企業の未来を担う、研究職と開発職続いて研究職と開発職

通常、新薬の開発は、基礎研究から創薬、動物実験などの非臨床試験、さらに人間を対象とした臨床試験を経て、ようやく承認の運びとなります。

このうち、非臨床試験までを行うのが研究職、臨床試験から承認までを行うのが開発職です。

新薬開発には、10年以上の歳月と10億円を超える投資が必要といわれますが、成功すれば莫大な収益をもたらすため、製薬メーカーにとっては重要なポジションだといえます。

製薬メーカーの社運がかかる職種なので待遇は良いが、薬剤師免許があれば誰でもなれるわけではありません。

専門性の高さが問われるため、最低でも修士課程以上の学歴は必要です。

すぐに結果が欲しいという人には不向きだが、時間をかけて新薬の誕生に関われるのは、研究志向の高い人にとって大きな魅力です。

製薬会社の薬剤師に転職メリット

  • 新薬を生み出し普及させる職種なので、社会への貢献を肌で感じやすい
  • 比較的給料が高く、福利厚生が整っているいることが多い

製薬会社の薬剤師に転職デメリット

  • 新薬の開発が年々難しくなっている
  • MR職の場合、勤務時間が医師の都合に左右されることがある

製薬会社の薬剤師の年収・給料

製薬会社に勤務する場合、最初のうちは一般病院勤務と大差なく、最初のうちは年収300万円台ということも珍しくありません。

ただし、他の薬剤師のと違って、昇給には期待が持てます。

長く勤め続けていれば1000万円を超えることも普通に見られますが、これは本人の実力次第ですから、普通に勤務を続けていても500万円になかなか届かないという可能性もあり得ます。

また、製薬会社の場合、研究職としての採用者数が少ないため、薬剤師の資格を生かしてくMRに就くことが多くなります。

給料は他の職場よりもかなり高く、一般の製薬会社でも600~800万円、大手製薬会社となると30代で1000万円を稼ぐ薬剤師もいるといわれています。

ただMRは営業職なので、薬学の知識だけでなく人と接することが好きでないと辛い仕事となってしまいます。

薬剤師転職ドットコム

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏み出してみると描いていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。

そうならないためにも、転職のプロたちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてください。

  1. 薬剤師Qママ

    2児のママです。気がつくと薬剤師の仕事を始めて7年経ってました。病院に勤めていましたが子育てのため調剤薬局に転職しました。 薬剤師の仕事や転職、薬やサプリメントの記事を書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。