プレ更年期からの肌をサポートします
生理周期に合わせた肌のお手入れ

周期に合わせた手入れで美肌に

肌状態を左右するホルモンバランスに負けず、美肌をキープできるお手入れ&コスメの選び方を紹介します。

生理中

経血とともに肌の潤いも流出

生理中はエストロゲン、プロゲステロンともに分泌量が減り、体の代謝が悪くなる時期。体温が下がって血行が悪くなり、肌も乾きがちになってしまう。そんなとき必要なのは、潤いを高めてキープする保湿クリーム。

さらに、水分補給に特化したマスクで集中ケアをすれば完璧。乾いた肌に、本来のみずみずしさを取り戻して

生理後1週間

エストロゲンの力で肌は絶好調!

美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲンが増え、 肌の水分量と新陳代謝がアップ。月経周期の中でも肌状態が最高になるこの時期こそ、憧れのパワフルコスメで攻めのお手入れをするチャンス。

赤ちゃんのようにすべすべ肌を作るヒーリ ング、曇りひとつない透明肌を育てる美白コスメで、さらなるキレイを手に入れよう。

排卵後1週間

皮脂が増えて、吹き出物ができることも。

エストロゲンの分泌量が減り、プロゲステロン の量が増えるこの時期、肌の調子は下り坂。プロゲステロンの影響で皮脂の量が増え、人によっては吹き出物ができることも。

そんなときは、皮脂対策コスメで油分と水分のバランスを 整えて。吹き出物の出やすい人は、アクネ菌の繁殖を抑えるアイテムでニキビを防ごう。

生理前1週間

むくみやすく、シミのできやすい時期。

プロゲステロンの分泌が高い状態が続き、肌と体は血行が悪化しがち。むくみやすくなったり目の下にくまができたりするので、マッサージで血流を改善して。

またこの時期は、メラニン色素ができやすいため、シミ発生にも注意が必要。外出時はもちろん、室内でもUVカット乳液をのばして、肌を紫外線から守ること。

女性ホルモンを助けてくれるコスメ

女性ホルモンに似た働きをする成分の入ったコスメを紹介。 乾燥やくすみなど、女性ホルモンの衰えが一因になる肌トラブルを、撃退しよう。

ローズ

ローズの華やかな香りには、自律神経と免疫系に働きかけて、卵巣の機能を活性化する成分が。香りを楽しむだけで、女性ホルモンの バランスを整えられる。

ざくろ

ポリフェノールがふんだんで抗酸化力が高いうえに、ミネラルも豊で保湿効果もバッチリ。古代から美容に役立つと珍重されてきただけのことはある果実。

大豆イソフラボン

大豆に含まれる抗酸化成分で、ポリフェノールの一種。エストロゲンに似た働きを持つ。イソフラボン自体は、大豆以外の植物に含まれることもある。

  1. スキンケア

    メイクアップアーティストの仕事をしています。スキンケアの記事を書いていこうと思います。毎日のスキンケア、食生活などを早めに見直すことで、肌は確実に変わり、老化の加速を食い止めることが可能です。今すぐセルフケアで、若々しい肌を取り戻しましょう。