精子を元気にするレシピ

この記事は北九州の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医が監修しています
精子を元気にする食事

赤ちゃんは欲しいけど、仕事が忙しくてなんだか元気がない、より質の高い精子にしたい……。そんなときに効果を発揮するメニューです。

精子を元気にするレシピ

精子をつくるための質の良いたんぱく質を中心に、ミネラルやビタミンを補給して。

キャベツとあさりと豚肉の蒸し煮

亜鉛2.0mg 431kal

あさりには鉄、亜鉛、カリウムがいっぱい。豚肉に含まれるビタミンB群は体力、気力の回復、精神の安定を促します。

材料
  • あさり(殼つき)200g
  • キャベツ 300g
  • 豚バラ薄切り肉 150g
  • 玉ねぎ(みじん切り)1/4個
  • 白ワイン 大さじ3
  • 塩 適量
  • あらぴき黒こしょう 適量
  • バター 50g
作り方
  • 1あさりは砂出しをしてよく洗う。キャベツはざく切りにする。豚肉は4~5cm幅に切り、塩、黒こしょう各少々を振る。
  • 2なぺにバターを入れて中火で熟し、玉ねぎをいためる。しんなり したらあさりを加えていため、キャベツ、豚肉を加え、あさりがなるべく上にくるようにざっくりまぜる。
  • 3塩小さじ1/3、ワインを全体に振り、ふたをして強めの中火にする。蒸気が出たら中火にして10~15分蒸し煮にする。器に盛り、黒こしょう少々を振る。

牛肉としょうがのしぐれ煮

亜鉛4.4mg 308kal

牛肉には精子を元気にする亜鉛がたっぷり疲労回復効果のあるしょうがといっしょに食べてスタミナもUP

材料
  • 牛もも薄切り肉 200g
  • A
  • しょうが(薄切り) 2かけ
  • 酢 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 大さじ3
  • B
  • はちみつ 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ2
作り方
  • 1牛肉は5~6cm幅に切る。
  • 2なべにAと水大さじ3を入れて煮立たせ、1を加えてほぐしながら中火で3~4分煮て、とり出す。
  • 3同じなべにBを入れてまぜ、とろみがつくまで煮詰める。牛肉を戻し入れて照りよく煮からめる。

精力アップのレシピ

ゆで豚のごまソース

豚肉はビタミンBが豊富な食材。 ゆでることで余分な脂肪を落として、よりヘルシーに。

材料
  • 豚ブロック肉(焼き豚用) 400g
  • 長ねぎ(青い部分) 1本分
  • しょうが(薄切り) 2~3枚
  • ブロッコリー 1/2株
  • A
  • いり白ごま 大さじ3
  • 砂糖 小さじ1
  • みりん、しょうゆ 各大さじ1
  • 酢大さじ 1/2
作り方
  • 1なべに豚肉を入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、ねぎとしょうがを加えて強火にかける
  • 2煮たったらアクを除き、ふたをして弱火で30分ほどゆでる。火からおろし、そのまま冷ます。
  • 3ごまをすり、Aのほかの材料を加えてなめらかにすりまぜる。ブロッコリーは小房に分けて、塩ゆでにする。
  • 4肉が冷めたら食べやすい厚さに切り、ブロッコリーとともに皿に盛り、3のごまソースをかける。

たこと小いもの煮っころがし

たこはアミノ酸や亜鉛、銅をたっぷり含む食材。里いものねばり成分、ムチンがタンパク質の吸収を促します。

材料
  • ゆでだこの足 150g
  • しょうゆ、酒、砂糖 各大さじ2
  • 里いも 小8個
作り方
  • 1里いもは水洗いし、上下を切り落として、耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジで8分加熱する。あら熱がとれたら皮をむく。 たこはひと口大を大きめに切る。
  • 2耐熱容器に里いも、たこ、しょうゆ、酒、砂糖と水、大さじ2を入れてまぜ合わせ、ラップをかけて電子レンジで2分加熱し、煮汁をからめて5分ほどおき味を含ませる。

さんまのかば焼き茶漬け

さんまのかば焼きの缶詰めにはEPAやDHAなどの必須な脂肪酸が含まれます。常備しておくと、手軽にとれるのでおすすめ。

材料
  • さんまのかぱ焼き(缶詰) 1缶
  • きゅうり 2/3本
  • しょうが 1/1かけ
  • いり白ごま 少々
  • ごはん 茶わん2杯分
  • 緑茶 適量
作り方
  • 1きゅうりは薄い輪切りにして、塩少々(分量外)をまぷす。しょうがは細いせん切りにし、さんまは汁けをきり、大きく切る。
  • 2きゅうりの水けをしぽる。
  • 3茶わんに、ごはん、きゅうり、さんま、しょうが、ごまの順に盛り、緑茶を注ぐ。

精子を増やす食事、レシピ

精子を増やす食事

まぐろ納豆ネバとろ丼

まぐろ、納豆、めかぶ、長いもで、たっぷりのコンドロイチン硫酸がとれます。ごはんは玄米にするとさらに精力アップ効果が。

材料
  • 玄米ごはん 400g
  • まぐろ(赤身) 100g
  • 納豆 2パック
  • 味つけめかぶ 1パック
  • 長いも 50g
  • 削り節 1袋
  • めんつゆ(ストレート) 大さじ2
作り方
  • 1まぐろはひと口大に切り、半量のめんつゆにつける。長いもは1cm角に切り、削り節と残りのめんつゆをまぜる。
  • 2茶わんにごはんをよそい、すべての材料をのせる。あれば青じそを添える。

切り干し大根の牛肉ロール

亜鉛をはじめとするミネラルがたっぷりの牛肉は精力アップには欠かせない食材。もも肉で野菜を巻くという調理法でヘルシーに。

材料
  • 切り干し大根 20g
  • 牛もも薄切り肉 150g
  • セロリ 1/2本
  • 塩、こしょう 各適量
  • ごま油 大さじ1
  • A
  • 酢 大さじ1
  • しょうゆ、砂糖 各小さじ1
  • 水 大さじ3
  • B
  • しょうゆ大さじ1/2
  • みりん大さじ1
  • おろししょうが小さじ1/2
作り方
  • 1切り干し大根ははさみで食べやすく切り、耐熱容器にAとまぜ合わせて10分おき、ラップをかけて電子レンジで2分加熱する。
  • 2セロリはせん切りにし、葉は飾り用に残す。  牛肉は広げて塩、こしょうを振り、枚数に合わせてセロリと1をのせて巻く。
  • 3フライパンにごま油を入れて強火で熱し、2の巻き終わりを下にして焼く。火が通ったらBを回し入れてからめる。
  • 4器にセロリの葉を敷き、3を盛る

なめことしらたきの明太子あえ

なめこはコンドロイチン硫酸が、明太子は亜鉛が豊富。塩けはしょうゆの量で調節を。

材料
  • なめこ1パック
  • しらたき 1袋
  • からし明太子 1/2腹
  • しょうゆ 適量
  • 万能ねぎ 2本
作り方
  • 1しらたきは水けをきり、食べやすく切る。明太子は1cm幅に切る。
  • 2フッ素樹脂加工のフライパンにしらたきを入れて中火にかけ、からいりする。明太子となめこを加えていため、しょうゆをまぜる。
  • 3器に盛り、3cm長さに切った万能ねぎを散らす。
  • 出典元:我が国における男性不妊に対する検査・治療に関する調査研究
    監修: 横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター 部長 湯村 寧 (日本生殖医学会男性不妊専門医)
    出典元:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

男性不妊専門医 男性の妊活をサポート| FORTIES

この記事は男性不妊をサポートする情報メディアサイトとして医師、泌尿器科の男性不妊専門医が監修のもとに男性の妊活をサポートが加筆・修正し掲載しました(2018.08.11)

Share: