検査は不妊治療の最初の一歩

まずは予約をしてみましょう
不妊治療の検査

初診では問診や内診、血液・尿・超音波の検査などを行い、どこに不妊の原因があるのかを探ります。男性の場合は精液を調べて、精子が問題なく妊娠できる状態かどうかを検査します。月経期であっても、初診の検査は受けられます。

初診予約の取りづらいクリニックもあるので、まずは予約をしてみてはいかがでしょうか。2回目以降の診察では、女性の月経周期に合わせた検査を行い、排卵の状態や子宮の様子などを確認します。人によって受ける検査に違いがあり、検査終了までには2~3ヵ月程度かかります。

初診検査は通いやすい病院で受けることが大切です、フルタイムで慟いている人であれば職場の近くにあって、遅い時間まで診療していたり、土曜日にも初診を受けつけていたりするところがオススメ。不妊治療の基本的な検査を網羅している病院であれば、なおよいと思います。

不妊治療の初診検査の種類(女性)

超音波検査

子宮や卵巣の状態がわかり、子宮筋腫や子宮腺筋症、卵巣嚢腫などの病気がないかをチェックします。

ホルモン検査

血液検査で排卵や妊娠に必要なホルモンの分泌が正常かどうかを調べます。

子宮卵管造影検査

子宮内に造影剤を注入し、X線で子宮や卵巣の状態を調べます。程度の軽い卵管障害なら、この検査を行うことで、卵管の詰まりが改善されるという治療効果もあります。

フーナーテスト

排卵時にセックスをしたあと、子宮頸管粘液を採取し、精子の状態をチェックします。精子の数や運動率を調べ、精子が子宮まで十分に到達できているかどうかを調べます。

感染症スクリーニング検査

B型肝炎、C型肝炎、クラミジア感染症、梅毒など感染症の検査を行います。施設によって検査項目は異なります。

不妊治療の初診検査の種類(男性)

精液検査

マスターベーションで精液を採取し、精子の数や運動性、奇形の有無を調べます。 ※精液検査が精神的に辛い、上手くできない場合は、女性のフーナーテストで代用することができます。
精液検査については詳しくはこちら

検査でわかる不妊の原因

子宮因子

子宮内膜の卵管への癒着、子宮筋腫、子宮の奇形など

排卵因子

高プロラクチン血症や糖尿病、精神的ストレスなどによる無排卵

卵管因子

卵管が詰まっていたり狭くなったりしている

男性因子

精子の数が少ない、または運動性が低い

そのほかの因子

女性の体液に精子を攻撃する抗体(抗精子抗体)が含まれている、トリコモナス膣炎やクラミジア感染症による性器の炎症など