不妊治療の「最後の砦」は体外受精

高齢夫婦には「最初で最後の砦」に
体外受精

体外受精は、体外で卵子と精子を受精させ、培養したのち子宮に戻し、着床(妊娠)を目指す方法です。卵管や精子に問題があり、体内での受精が難しいと考えられる場合に行われることが多かったのですが、不妊治療の開始年齢が高くなっている現在では、はじめから体外受精を選択するケースもあります。

体外受精には高齢での妊娠を可能にするという希望があるいっぽう、高額な費用や、身体への大きな負担などリスクがあります。そのため、事前に必ず病院の主催する説明会に参加し、どのタイミングで体外受精を選択するかを、医師と十分に相談することが大切です。

体外受精の流れ

1.卵胞を育てる

排卵誘発剤の内服薬や注射を使い、複数の卵子を体外に取り出します。採卵する時期は、血液や尿検査、超音波検査の結果を見て決めます。

2.卵子を取り出す

麻酔をかけ、膣からカテーテルを挿入して成熟した卵子を取り出します。

3.卵子と精子を受精させ培養する

夫はマスターベーションで精子を採取し、洗浄・濃縮します。卵子と精子を培養容器内で受精させます。受精卵は分割して成長していきます。

4.胚(受精卵を培養した状態)を移植する

良好な状態の胚を選び、カテーテルで子宮内に移植します。余った胚は凍結保存する場合もあります

5.妊娠判定

移植後2週間~1ヵ月後に尿や血液を検査して、妊娠しているかどうかを判定します。

体外受精のメリット・デメリット

体外受精まで行うことを考えて病院を選ぶ場合、通院のしやすさといった基本的な条件に加え、妊娠率などのデータも考慮したほうがよいでしょう。妊娠率は説明会でのみ公表している施設も少なくありません。必ず説明会に行き、データを確認したうえで、安心して治療を任せられる病院を選びましょう。

体外受精のメリット

身体の状態や年齢などが原因で自然妊娠が難しい人でも妊娠の可能性が高まることが体外受精最大のメリットと言えます。

体外受精のデメリット

卵巣刺激や採卵などによる身体への負担のほか、子宮外妊娠や多胎妊娠のリスクも高まります。また一回あたり数十万円かかる金銭的負担もデメリットと言えるでしょう。それらを上回るメリットを感じられるかどうかが、体外受精に進む際のわかれ目となるでしょう。

体外受精へステップアップのタイミング

女性が30歳

明らかな原因があるケ一スを除き、30歳で体外受精まで進む人は多くはありません。

女性が35歳

タイミング法や人工授精では妊娠に至らなかった場合、医師と相談して行うことも。

女性が40歳

人工授精をへたのち、なるべく早い時点で体外受精にステップアップしましょう。

女性が45歳

妊娠を望むならば、ます体外受精から治療をはじめる年齢。顕微授精も視野に入れて。