男性不妊について

  • 男性不妊の原因は、精子の生成から始まり、射精をし受精するまでの過程に何らかの障害が起こることによって生じます。主な男性不妊の原因別の割合は造精機能障害(精巣の障害のために精子を作りづらい)82.4%、性機能障害(EDや射精障害)13.5%、精路通過障害(精子の通り道がなんらかの原因でふさがっている)3.9%とされています。

    Read More
  • 自分が男性不妊かを知るのは精液検査受けるのが一番いい方法ですが男たるものなかなかできないものそこで男性不妊の特徴を、見た目、生活習慣、精液の色などから紹介します。精液が透明だと精子がいない無精子症だといわれることもありますが、そんなこともないようです。

    Read More
  • WHOの調査では、不妊カップルの半分は男性側に原因があることがわかっています。 気になることはありませんか? 早めの検査が妊活には大事です。 また、精子の質は年齢の影響は受けないと考えられていましたが、近年では加齢とともに質的低下もあることがわかっています。

    Read More
  • 男性不妊の原因のもっとも多い造精機能障害のうち半数以上は原因不明の不妊症です。原因不明だからといって男性不妊の改善が出来ないわけではなく、精子にダメージを与えるような生活習慣を見直し、健康に悪い食べ物やたばこを遠ざけ体質を改善すれば、3か月後から精子の質は改善できます。

    Read More
  • 精液検査は男性不妊検査の中で最も大切なものの一つです。精液検査とはその名の通り、精液中の精子の性状を調べる検査です。自然妊娠が可能かどうかは、WHOの精液所見でみます。これは、下限基準値といって、この値以上でないと性生活による妊娠は難しいとされています。

    Read More
  • 男性不妊は、泌尿器科が専門です。泌尿器科の生殖医療専門医(594名中45名が泌尿器科)は婦人科医に比べ圧倒的に少なく、また地域差もあります。男性のみが精液検査を受けたい場合は、総合病院や泌尿器科クリニック、そして男性不妊外来がある不妊治療施設がおすすめです。

    Read More
  • 男性不妊の治療は、原因に応じて、薬物療法や手術療法などの治療が行われます。精子をつくることができない場合は薬物治療で精子の状態をよくし、精子の通り道に問題がある場合は通り道をよくする手術を施し、精子の状態が改善したらタイミング法や人工授精を行います。

    Read More
男性の妊活をサポート| FORTIES

この記事は男性の妊活をサポートする情報メディアサイトとしてFORTIESが監修及び運営管理しております。

Share: