男性不妊とEDをサポートします
男性不妊の割合

男性不妊の割合は48%

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男性のみ、11%が原因不明です。つまり男性に不妊症の原因が見つかるカップルが約48%となり、男性不妊の割合は約5割になります。

男性不妊の原因別の割合

平成27年度におこなわれた厚生労働省の男性不妊調査によると、主な男性不妊の原因別の割合は造精機能障害(精巣の障害のために精子を作りづらい)82.4%、性機能障害(EDや射精障害)13.5%、精路通過障害(精子の通り道がなんらかの原因でふさがっている)3.9%とされています。

男性不妊の割合が増えている

男性不妊の割合は増加傾向、原因不明の無精子症が多い。特に原因はないのに、精子をつくる機能が衰えている人(特発性造精機能障害)が多く、次にED(勃起障害)、静索静脈瘤、精子の通り道の閉塞、クラインフェルター症候群(染色体異常)などがおもな原因です。

 最近では、原因不明の無精子症が非常に増えているそうです。環境ホルモンなどがかかわっているのかもしれません。

1年間妊娠しなければ不妊症

医学的な定義では、結婚後1年間、特別に避妊を行っていないにもかかわらず妊娠に至らない場合、不妊症と診断されます。

※日本産婦人科学会は2015年8月29日に2年から1年に短縮することを発表しました。

1回の排卵につき、出産を期待できる割合は、男女とも全 く問題がない状態で、約10~25%と考えられています。

また、結婚してから特別な避妊をしなければ、2年以内に約85~90%の夫婦に妊娠の成立するとされています。

排卵は、問題がなければ1ヵ月に 1回起こるので、排卵日に合わせて受精が成立したとすれば、約4~10ヵ月で妊娠できる計算となります。

しかし、毎月排卵日に合わせて受精が成立するわけではありません。さまざまな事情から排卵日に合わせて受精が成立するとは限らないのです。

夫婦の8組に1組の割合で不妊

統計上はおよそ8~10組に1組の夫婦が不妊症だと考えられています。非常に多くの夫婦が不妊の悩みを抱えているのです。

一般に男性は不妊治療に対して非常に消極的です。男性側の問題は、射精障害やED(勃起不全)などセックスのときに自覚できるものを除けば、病院で検査を受けて初めてわかることが多いです。

結婚して数年、なかなか子どもができないという人の中には、「妻に問題があるのか?それとも自分に?」と漠然とした不安を抱いている方も多いと思います。

実際、不妊カップルの中には、女性が積極的であるにもかかわらず、男性側か検査を嫌がるために受診が遅れたり、治療に通って数年してから男性不妊が判明した……というケースは少なくありません。

「もっと早く受診すればよかった」ということにならないように男性は、原因が自分(男性)にある可能性は約5割という現実を、知っておいてください。

  1. E.T

    精液検査の結果、基準値の5分の1で妊娠は難しいといわれ愕然。そこから男性不妊を克服して自然妊娠。男性不妊だった時の経験、セルフケア、情報をまとめていこうと思います。よろしくお願い致します。