男性不妊、男性の妊活をサポートします
精子

精子の質を良くする

精子の質を少しでも良くしようと思ったら、精子を溜め過ぎないようにするなど、生活の中ですぐに実践できることもあります。

精液検査で十分に良い結果が得られた人は、どんな生活 をしていてもほとんど影響がありませんが、不安がある場合はすぐに実践しましょう。

精子を増やし運動率をあげるサプリ

精子を増やし運動率をあげるサプリには亜鉛とコエンザイムQ10が含まれているものがおすすめです。

研究で亜鉛は男性の精子数を増やしコエンザイムQ10は精子の運動率をあげることがわかっているからです。

またとにもかくにも、男の妊活にとって必要最低限かつ最重要なのが「精液検査」です。

だけど病院に行って検査するなんて……そんな方にピッタリなのがポストに投函するだけで検査可能です。

メールで検査結果が送られてくるので、仕事が忙しくてクリニックに行けない方にもおすすめです。

精子の劣化を防ぐ8か条

1.ビタミンC、E

ビタミンC、Eは抗酸化物質ですので精子の劣化をある程度抑制すると考えられます。

2.禁欲期間をに短く

つくられた精子は精巣上体に10日間ほど保存されていますが、古くなってきたものは質が劣化し、運動率が低下して死んでしまうものもあります。

そうした精子は活性酸素を出して、ほかの精子の質も悪くしてしまいます。

性交の回数が多いと精液が弱まるという話は迷信です。

むしろ精子は新しいほど明らかに質が高いので、精子のためだけを考えれば性交の頻度は高いほどベターといえます。

3.精索静脈瘤の治療

温かい腹部の血液が精巣に入ってしまう「精索静脈瘤」の場合は、この手術を受けることで精液所見が改善することがよくあります。

男性不妊の専門医による超音波で、確実に発見できます。

4.サウナは控える

温度が高いサウナは、熱に弱い精巣が温まって中の精子が弱くなります。

特に愛好家の人は長時間入る傾向があるので要注意。

サルの、陰嚢を12時間お湯につける実験では、造精機能が明らかに落ちていました。

5.禁煙

喫煙は毛細血管を収縮させ、細胞の老化を早めます。

妊娠したいと思ったら、男女とも禁煙すべきだということは妊娠の基本です。

男性の喫煙は元気な精子の数を減らし、EDの原因にもなるといわれています。

6.ブリーフやトランクス

下着は、精巣の温度が上がってしまうブリーフより、通気性の良いトランクスの方がおすすめです。

7.自転車に乗りすぎない

硬いサドルが精巣を圧迫する自転車、バイクに長時間乗ると、血流が悪くなり、精子が微少なダメージを受けることがあります。

8.膝の上でパソコンを使わない

精子は熱に弱いので,ノートパソコンの熱が太ももやひざから精巣へと伝わると良くありません。

知らず知らずのうちに長時間に及ぶケースも少なくないようです。

ノートパソコンは机に置いて使うようにしましょう。

  1. E.T

    精液検査の結果、基準値の5分の1で妊娠は難しいといわれ愕然。そこから男性不妊を克服して自然妊娠。男性不妊だった時の経験、セルフケア、情報をまとめていこうと思います。よろしくお願い致します。