男性不妊、男性の妊活をサポートします
精子の老化

35歳を境に精子の老化が始まる

2000年のFordらの報告では、男性の年齢と 自然妊娠を調べたところ、男性が40歳以上だと妊娠率が低くなるという結果が出たそうです。

同様に、2002年のDunsonらの報告では、男性の年齢が35歳を超えると妊娠率が低くなったそうです。

人工授精についても同様です。1995年のMathieuらの報告では、男性が35歳以上になると妊娠率が下がるという結果が出ています。2008年のBellocらの報告では、男性が45歳以上になる と妊娠率が低下するということでした。

さらに体外受精では、男性の年齢が40歳を超えると妊娠しづらいという研究が出ています。

これらの研究は精子を調べたのではなく、男性の年齢と妊娠率の相関関係を調べたものですが、35~40歳あたりから精子の老化が始まることがわかります。

また精子の数は34歳を境に減少していくことがわかったいます。精子の濃度や正常形態精子率は40歳を境に、精液量は45歳を境に、となっています。

加齢とともに精子の機能が低下することがわかりますが、もっとも若い年齢で言えば34歳が分岐点となることがわかります。

男性が高年齢の場合、女の子が生まれる確率が高い

55歳を過ぎるとY染色体が減るということがわかっています。男性が55歳を過ぎると、男性の性染色体であるY染色体が相対的に減るため、女の子が生まれやすくなるのです。

精子を増やし運動率をあげるサプリ

精子を増やし運動率をあげるサプリには亜鉛とコエンザイムQ10が含まれているものがおすすめです。

研究で亜鉛は男性の精子数を増やしコエンザイムQ10は精子の運動率をあげることがわかっているからです。

またとにもかくにも、男の妊活にとって必要最低限かつ最重要なのが「精液検査」です。だけど病院に行って検査するなんて……そんな方にピッタリなのがポストに投函するだけで検査可能です。

メールで検査結果が送られてくるので、仕事が忙しくてクリニックに行けない方にもおすすめです。

精子の老化対策

精子老化を防ぐのに有効なのは、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類やカロテン類、コエンザイムQ10などの抗酸化物質です。  

これらの成分が入った食品を積極的にとったり、サプリメントで補給するこ とが精子老化の防止につながります。

コエンザイムQ10を服用することで、精子の運動率が上昇したとい うデータもたくさんあります。

男性不妊患者は普通の男性よりも体の抗酸化機能が低下している傾 向があり、精漿(前立腺と精嚢からの分泌液)中の活性酸素が高いことがわ かっています。

抗酸化対策を行うことで、酸化ストレスの影響を軽減できることは確かです。

精子の老化を防ぐために禁煙

タバコの活性酸素は精子そのものを減らしたり、DNAに損傷を与えるなど、酸化ストレスの悪影響を受けてしまします。

運よく受精して妊娠しても、うまく育たずに流産する可能性も高くなり、血流を悪くするため勃起障害(ED)の原因にもなります。タバコはいいことがひとつもありませんので、禁煙するのがおすすめです。

精子の老化を防ぐには運動が効果的

米国生殖医学会でハーバード公衆衛生大学院が発表したのが、運動と精子について調査した研究でした。

ジョギングやアウトドアスポーツ、ウェイトリフティングなどの運動を定期的にしている人は、精子にも好影響があり、精子のデータもよくなるという報告がありました。

つまり、運動すればするほど、精子の量も増え、濃度が濃くなるというのです。

  1. E.T

    精液検査の結果、基準値の5分の1で妊娠は難しいといわれ愕然。そこから男性不妊を克服して自然妊娠。男性不妊だった時の経験、セルフケア、情報をまとめていこうと思います。よろしくお願い致します。