男性不妊とEDをサポートします

不妊用語た行

ターナー症候群

遺伝による不妊障害のひとつ。妊娠することはできるが、流産率が高く、出産したとしてもさまざまな障害を引き起こす。

体外受精(IVF‐ET)

胚移植法とも吁ばれます。採取した卵子と精子を培養液の中で受精させ、受精卵の分割終了後に母体に戻す方法。

第2子不妊(続発性不妊)

第1子を出産した男女で、第2子を妊娠できなかったり、妊娠を維持することが難しい状態。

胎嚢

赤ちゃんを包んでいる袋のこと。おおよそ妊娠4週後半(4w5d)から妊娠5週(5w0d)ぐらいで確認できるようになります。

タイミンク法

基礎体温表から排卵日を予測し、その日にセックスすることで妊娠率を高める方法。不妊治療の初期段階で行われる一般的な治療。

多胎妊娠

排卵誘発剤を投与した副作用で、双子や3つ子の胎児を妊娠してしまうこと。4つ子以上の胎児を妊娠した場合は母子ともに負担が大きい。

ダナソール

子宮内膜症の治療に使用される薬。FSHとLHの分泌を抑えて無月経と同じ状態をつくリ出す。副作用として、脂性肌、にきび、体重増加、異常発毛、声の低音化などの症状があります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

男性ホルモンであるアンドロゲンの過剰な分泌や卵巣内にできた嚢胞が原因となり、体重の増加、多毛といった症状を引き起こす。自覚症状はほとんどなく、無排卵の女性に多くみられる疾患。

多毛症

アンドロゲンと呼ばれるホルモンの影響で、口ひげの発毛、陰毛がへそへ向かって成長するなどの体毛の発育過剰が起こること。女性に多くみられる症状。

単角子宮

先天子宮奇形のひとつで、子宮が一方の側にしかなく、正常より小さい状態。

産道とも呼ばれる。子宮頸部から女性の体外までの管のこと。

腟炎

真菌性、細菌性、トリコモナス感染症による腟の炎症のこと。頻繁な腟炎は、骨盤部の癒着とクラミジアなどの他の感染症による卵管閉鎖を促進してしまう。

着床

受精卵が子宮内膜に接着して、組織にとり込まれること。ふつうは子宮内膜内で起こるが、子宮内膜外で起こる場合もあります。

中隔子宮

中隔と呼ばれる組織によって、子宮が左右半分ずつに分けられている状態をいう。この場合、早期流産の可能性が高くなります。

中絶

胎児を出産前に子宮内から排出させること。中絶時の母体の損傷が不妊の原因となることがあります。日本では妊娠21週目までの中絶処置が認められています。

超音波検査

お腹に超音波受発信機をあて、卵巣や子宮の状態を調べる検査。超音波検査は体に負担の少ない安全な検査法で、多くの受胎治療において使用されています。他にも、卵胞の大きさや排卵の予測、病気の有無などを調べることができます。なお、妊娠の成立、妊娠後の状態の確認にも使用されます。

チョコレート嚢胞

子宮内膜が卵巣に飛び火したことが原因で、卵巣内に古い血液がたまリ嚢胞ができてしまった状態のこと。卵巣はやがて大きくふくらんで不妊の原因となります。ひどい場合は手術が必要。

通気・通水検査

腟から挿入した細い管に炭酸ガスや水を入れ、卵管の通過性を調べる検査。炭酸ガスや水が通ることによって検査後に軽い磑着がはがれることが多く、治療効果が高い。

低温期

月経開始から排卵までの卵子の成熟期間のことで、通常は12~14日間。子宮内膜を厚くするためのエストロゲンの分泌が盛んになります。

低ゴナドトロピン性下垂体機能低下症

脳下垂体のホルモンが低下した状態。この疾患を持っている男性は精子量が少なく、性的能力が低下しています。

停留睾丸

陰嚢の中に下りてくるはずの睾丸が腹部にとどまったままになっている状態。ふつう、1歳くらいまでに治るものだが、6歳までに治らないと生殖能力に異常をきたし、男性不妊の原因となることがあります。

テストステロン

第2次性徴や性欲の維持をつかさどる男性ホルモン。男性の睾丸から出るもっとも重要なホルモンだといわれている。精子の形成にも不可欠。

デュフアストン

黄体機能不全や無月経などに効果のあるプロゲステロン薬。

テルロン

高プロラクチン血症の治療薬。プロラクチンの分泌を抑える働きがあります。

透明帯貫通法(PZD)

透明帯貫通法(PZD)顕微授精の方法のひとつ。女性の卵子の透明帯に穴をあけ、精子が卵子内に進入しやすくします。

トリコモナス腟炎

寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が腟内に寄生することにより発症する腟内の病気。性行為感染症のひとつ。男性も感染します。

不妊用語な行

ナサニール

子宮内膜症の治療薬。鼻に噴射して使用します。視床下部に働きかけることで脳下垂体ホルモンの分泌を抑制します。スプレキュアと同様の効果が期待できます。

乳汁漏出

プロラクチンの過剰な分泌により、妊娠・出産時以外のときに乳首から乳汁が出る症状。高プロラクチン血症の自覚症状でもあります。

不妊用語は行

パーゴグリーン

排卵誘発剤。

パーゴナル

排卵誘発剤。

パーロデル

高プロラクチン血症の治療に使用されます。

受精卵の分割がはじまつた状態の細胞。胎児への分化のはじまり。

配偶者間人工授精(AIH)

精子が子宮内に到達しにくいときに、人工的に精子を子宮内に入れること。夫の精子を使用します。

配偶子卵管移植法(GIFT)

人工授精と体外受精の中間のような方法。採取した卵子と精子を、卵管采を通して卵管内に注入します。

排卵

成熟した卵子が、卵巣から飛び出してくる現象。

排卵痛

排卵期に起こる痛みのこと。片側の下腹部に不快感や痛みを感じることがあります。

排卵誘発

排卵を起こさせるために行われる医学的治療法。排卵誘発剤と呼ばれる、脳や卵巣を刺激することによって排卵をうながす薬を使用します。

泌尿器科医

泌尿器の疾患と男性性器の疾患を扱うことを専門とする医師。男性不妊の場合、ふつう泌尿器科医が診察を担当します。

避妊

受精もしくは受精卵の着床を妨げて、のぞまない妊娠を避けること。避妊のために、コンドームや経口避妊薬、ペッサリー、自然家族計画、IUDなどの薬、器具があります。

非配偶者間人工授精(AID)

夫以外の第三者から提供された精子を、妻の子宮に人工授精する方法。

ヒュメゴン

hMGの商品名。排卵誘発剤。

フーナーテスト

性交後、4時間以内に来院して頸管粘液を調べ、精子がいるかどうかを調べる検査。粘液中に精子が確認できないと無精子症や抗精子抗体の存在などが疑われます。

フェルーティノームP

hMGの商品名。排卵誘発剤。

腹腔鏡検査

腹に小さな穴をあけ、そこから腹腔鏡を入れて卵管と卵巣の様子をみる検査。

不正出血

月経時以外のときに出血すること。

不妊症

とくに避妊などをしていないのに1年以上妊娠しない場合をいいます。出産までの妊娠が不可能な状態をいう場合もあります。

プロゲステロン

黄体ホルモン

ブロモクリブチン

プロラクチン値を下げたり、下垂体に腫瘍があるときに使用される経口薬。錠剤タイプで、腟の中に挿入して使用するものもある。薬の服用によって、めまいや胃の不調などが起こることがあるため、少量から服用を開始することがのぞましい。

プロラクチン(PRL)

出産後の授乳期に増加するホルモン。出産していないのにこのホルモンが増加する場合は、高プロラクチン血症の可能性があります。

勃起

陰茎の勃起組織の血液充満によって起こる、陰茎の膨張と硬直。

  1. E.T

    精液検査の結果、基準値の5分の1で妊娠は難しいといわれ愕然。そこから男性不妊を克服して自然妊娠。男性不妊だった時の経験、セルフケア、情報をまとめていこうと思います。よろしくお願い致します。