認知症の4つの予防法

認知症の予防には、「食事」「運動」「生活」「知的パズル」

認知症は予防できる
認知症の予防

認知症の症状がかなり進行してから改善するのは、現代の医学では難しいのが現実です。しかし、元気な今のうちからトレーニングに取り組めば、予防は可能。認知症予防は先手必勝なのです。認知症の予防には、「食事」「運動」「生活」「知的パズル」という4つが有効です。

  • 無関係にも思える「食事」と「認知症」ですが、血管を老化させ、認知症のリスクとなる糖尿病・高血糖、高血圧、脂質異常症などは、いずれも食生活の乱れが原因で起こります。これらを防ぐには、食生活の改善が不可欠です。
    認知症を予防する食事では、高血糖を防いでインスリンの効きをよくするための工夫や、動脈硬化を防ぎ、丈夫な血管をつくるために必要な良質なたんぱく質と脂質をとる工夫、さらには認知症予防への効果が期待される食材の取り入れ方を紹介します。食事は、認知症予防の中でももっとも大切な要素なので、ここから実践して元気な脳と体を手に入れましょう。

    Read More
  • 加齢や生活習慣の乱れによって動脈硬化が進行すると、脳への血流が低下します。すると、脳はエネルギー源であ るATP(アデノシン三リン酸)を充分につくることができず、エネルギー不足の状態になります。そこで、脳を活性化させたり、全身の血流を改善して脳への血流をアップさせる運動を紹介します。運動といっても、ゲーム感覚で指先を動かす体操や、いすに座って室内でできるものもたくさん紹介しているので、運動習慣がない人でも楽しく取り組めます。また、動脈硬化を予防、改善する効果のある有酸素運動もいくつか紹介しましょう。

    Read More
  • 新聞を読む、料理をする、買い物に行くといった、日常の中で何気なく行っている習慣に、ちょっとした変化をつけるだけで、ふだんは使われない脳の領域を活性化することができます。いつもの生活の動作に「声に出す」「歌を歌う」「暗記する」といった、非日常の要素をプラスして、生活トレーニングに変える工夫を紹介します。また、「ひと言日記」や「音読」など、認知症予防のだめの新習慣も紹介しましょう。

    Read More
  • 記憶力や注意力の低下を防ぐために有効な知的パズルを紹介します。パズルを行うだけでは、認知症予防の効果は不充分ですが、食事や運動、生活トレーニングに取り組んだうえで、空いた時間に知的パズルを行うのはおすすめです。初めは解けなくてもかまいません。間を置いて、再度挑戦してみましょう。また、パズルはぜひ誰かと一緒に取り組んでみてください。コミュニケーションが生まれ、脳がさらに活性化します。

    Read More
認知症予防をサポート| FORTIES

この記事は認知症予防をサポートする情報メディアサイトとしてFORTIESが監修及び運営管理しております。

Share: